青山祐子を「ニュースウオッチ9」から吹き飛ばした“花の04年組”

青山祐子を「ニュースウオッチ9」から吹き飛ばした“花の04年組”
2011年2月5日 10時00分(ゲンダイネット)
 

NHKは1日、新年度のキャスターを発表した。先日、「ニュースウオッチ9」で“おのろけ結婚発表”した青山祐子(38)は昼の「スタジオパークからこんにちは」へ異動。後任は現在「いのちドラマチック」を担当している井上あさひ(29)に決まった。

 今回、注目を集めたのは“花の04年組”の大躍進だ。「ウオッチ9」のスポーツキャスターには広瀬智美(29)、リポーターには松村正代(29)が新たに起用され、いずれも04年にNHKに入局した同期なのだ。

 井上はお茶の水女子大卒、広瀬は津田塾大卒で松村は上智大卒。筑波大体育専門学群卒の青山と比べるとおしゃれ感たっぷり。しかし、井上や広瀬らが“花の04年組”と呼ばれるのは、ほかにも理由がある。

「NHKの女子アナは約70人いて、04年に入局したのは6人。10年近く地方局を転々とするアナウンサーが多い中、この年代だけ入局6年目にして同期全員が東京勤務に戻る出世を果たしました。大豊作のため“花の”という形容詞がついたのです」(女子アナウオッチャー)

 ほかの04年入局組は、「おはよう日本」のメーンキャスター・鈴木奈穂子(29)、同番組の土日担当の守本奈実(30)、林家三平との恋愛報道があった荒木美和(31)の3人。いずれも看板アナとして活躍している。

 青山のほかにも“花の04年組”に吹き飛ばされる女子アナが出そうだ。

(日刊ゲンダイ2011年2月2日掲載)
by momotaro-sakura | 2011-02-25 16:23 | ブログ