首相続投より予算執行=「解散すれば民主惨敗」-渡部氏

首相続投より予算執行=「解散すれば民主惨敗」-渡部氏 民主党の渡部恒三最高顧問は26日午前、2011年度予算案と関連法案の審議に関し、「民主党よりも、菅(直人首相)君よりも、速やかに予算案、関連法案を通して、国民の生活に役立つことを実行することを最優先に考えなくてはならない」と述べた。都内で記者団の質問に答えた。
 与党内には、首相退陣と引き換えに予算関連法案への協力を野党側に求めるべきだとの声があるが、渡部氏の発言は、同案成立にめどが立つならば首相退陣もやむを得ないとの認識を示唆したものだ。ただ、自民党などは首相退陣でも協力を拒否する姿勢を示している。
 一方、渡部氏は「民主党所属議員としては、菅君が(政権運営を)やろうと言っている限り、守ってあげるのが政治家のルールだ」とも語った。
 これに先立ち、渡部氏はTBSの番組収録で、衆院解散の可能性について「今、解散すれば民主党が惨敗するに決まっている。そんなときに民主党の首相が解散するなんてばかなはずはない」と述べた。 (2011/02/26-13:30)
時事ドットコム

--------------------------------------------------------------------------------
by momotaro-sakura | 2011-02-26 13:46