【太陽電池】ソーラーフロンティア、バルティックソーラー社とドイツ北部を対象とした販売契約を締結。

【太陽電池】ソーラーフロンティア、バルティックソーラー社とドイツ北部を対象とした販売契約を締結。世界最大規模の国富工場からCIS薄膜太陽電池を出荷


コンバーティング業界ニュースより転載

 ソーラーフロンティア(株)(社長:亀田繁明、本社:東京都港区台場2-3-2)は、バルティックソーラー社(Balticsolar GmbH)との間で長期販売契約を締結し、販売体制を強化した。バルティックソーラー社はドイツのリューベックに本社を置く太陽電池の専門企業で、今後、数十MW規模のソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池を販売・設置することになる。これによりソーラーフロンティアは、ドイツ北部へも本格的に進出する。
 バルティックソーラー社ゼネラル・マネージャーのアレクサンダー・ハンスマン(AlexanderHansmann)氏は次のようにメッセージを寄せている。「ソーラーフロンティアとの契約の決め手となったのは、CIS薄膜太陽電池の経済性と環境特性の高さに加え、世界最大規模の生産能力を持つことです。当社のシステム設計・施工のノウハウにソーラーフロンティアの販売・営業チームの専門知識を組み合わせることにより相乗効果を生み出し、トップクラスのサービスと最先端のエネルギーソリューションをお客様にお届けします」。
 ソーラーフロンティア・ヨーロッパのマネージングディレクター、ウォルフガング・ランゲ(Wolfgang Lange)氏は、次のように述べている。「太陽電池産業におけるバルティックソーラー社の活躍は目を見張るものがあります。同産業においてリーダーとなることを目指すソーラーフロンティアにとって、複数年の販売契約の締結は大きな前進です。また、バルティックソーラーと協力することにより、ドイツ北部の市場へ進出することができます。当社を信頼してくださったバルティックソーラー社に感謝の意を表するとともに、当社がもてる知見とノウハウでバルティックソーラー社をサポートしてゆきます。今後も同社とは、長期に亘る関係を構築していきたいと考えています」。



会社名 ソーラーフロンティア株式会社
代表者名 代表取締役社長 亀田 繁明
主な事業 太陽電池の製造、販売、輸出
本社所在地 〒135-8074 東京都港区台場2丁目3番2号 台場フロンティアビル
主要株主 昭和シェル石油株式会社100%
資本金 351億2073万円

by momotaro-sakura | 2011-02-28 11:02