3月5日デビューする最新鋭車両E5系「はやぶさ」

3月5日デビューする最新鋭車両E5系「はやぶさ」
世界一の鉄道システムを目指せ!
e0009760_146918.jpg
e0009760_1463030.jpg
e0009760_1464322.jpg

 JR東日本の東北新幹線で3月5日デビューする最新鋭車両E5系「はやぶさ」の報道陣向け試乗会が仙台-新青森で行われました。 はやぶさは“新幹線版ファースト・クラス”の「グラン・クラス」を導入。

e0009760_14114020.jpg

 グラン・クラスは先頭車両の18席のみで専任のアテンダントがサービスを提供します。 東北新幹線の大宮 - 宇都宮間を最高速度275 km/h、宇都宮 - 盛岡間を最高速度300 km/hでの営業運転を行い、2012年度末には、宇都宮 - 盛岡間を日本最速となる最高速度320 km/h運転を実施する予定だそうです。 車体は、アルミニウム合金による中空トラス断面のダブル・スキン構造で、車体傾斜を考慮して車体側面を内傾させています。 客室スペースは「ゆとり」、「やさしさ」、「あなたの」をキーワードに、自然の色を基本に暖かで落ち着いた空間にデザインされています。 全座席に読書灯が設置されるほか、空気清浄機、フルカラーLED式表示装置、コンセント(グリーン車は全席に、普通車は窓際席に)も設置され、防犯対策として車両デッキには防犯カメラも設置されているそうです。
 ちなみに、「ニューフロンティア21」において掲げた構想の中に、新幹線を最高速度360 km/hで営業運転することが含まれています



作成者 高柳のロックオン 「狙い打つゼ」 : 2011年2月21日(月) より転載
by momotaro-sakura | 2011-03-02 14:07