卑弥呼とは

卑弥呼とは
原文
その国、もとまた男子を以て王となす。とどまること七、八十年、倭国乱れ、相攻伐すること年を歴(ふ)。乃ち共に一女子を立てて王となす。名づけて卑弥呼といふ。鬼道に事(つか)へ、能(よ)く衆を惑わす。年すでに長大なるも、夫婿(ふせい)なく、男弟あり、佐(たす)けて国を治む。王となりしより以来、見るある者少なく、卑千人を以て自ら侍せしむ。ただ男子一人あり、飲食を給し、辞を伝へ居処に出入りす。宮室・楼観・城柵、厳かに設け、常に人あり、兵を持して守衛す。
鬼道:呪術  夫婿:夫のこと  楼観:物見のための高殿。やぐらのようなもの 兵:兵器


邪馬台国では、もともとは男の王を立てていたが、7,80年が過ぎ、国内が乱れ、戦争が何年も続いた。そこで諸国が一人の女子を王とした。名は卑弥呼といい、呪術を行い、多くの人がその占いを信じていた。年はとっていたが、夫はおらず、弟が補佐して政治を行っている。
女王となってから彼女を見た者は少なく、1000人の女を召使いとして近侍させている。ただ男が一人だけいて、飲食を給仕し、彼女の命令を伝えるため居所に出入りする。宮室・やぐら・城柵をおごそかに設けており、常に番人がいて、武器を持って守っている。
解説
卑弥呼は占い師だったんですね。当時占い師は神の言葉の伝達者として非常に畏怖されていましたから、卑弥呼の言うことは神の意見だと思って、みんな従ったのでしょう。卑弥呼は人前には出なかったようですね。その方が神秘性が増すからでしょうか。また卑弥呼は女王になった時、けっこう年をとっていたみたいですね。しかし召使いが1000人とはまたすごい(^^;

魏との交渉
原文
景初二年(239年)六月、倭の女王、大夫難升米(なしめ)等を遣(つか)はして郡に詣(いた)り、天子に詣りて朝献せむことを求む。太守劉夏、吏を遣わし、もって送りて京都に詣らしむ。
その年十二月、詔書して倭の女王に報じて曰く、「・・・・・今汝を以て親魏倭王となし、金印紫綬を仮(ゆる)し、装封して帯方の太守に付し仮授せしむ。・・・・・」と。

----この間、240・243・245年の交渉が記されています。----

正始八年(247年)、太守王頑(おうき)官に到る。倭の女王卑弥呼、狗奴国の男王卑弥弓呼(ひみここ)と素(もと)より和せず。倭の載斯烏越(さいしうえつ)等を遣わして郡に詣(いた)り、相攻撃する状を説く。塞曹えん史(漢字無し)張政等を遣わし、因りて詔書・黄撞(こうどう)をもたらし、難升米に拝仮せしめ、檄を為(つく)りて告喩す。
天子:ここでは明帝のこと  太守:郡の長官  京都:魏の都・洛陽
金印紫綬:後漢の制では、天子の玉印黄赤綬を最高に、金印朱綬・金印紫綬(最高の大臣クラス)・銀印青綬となっていた。
狗奴国:邪馬台国の南にあるという国 黄撞:黄色の軍旗


景初二年六月、倭の女王が大夫の難升米らを帯方郡に遣わし、天子に謁見して朝貢することを求めた。帯方郡長官の劉夏は官吏を遣わして案内させて洛陽まで送らせた。
その年の十二月に、明帝は詔書を下して倭の女王に報じて言った。「今そなたを親魏倭王となし、金印紫綬を授け、封をして帯方郡の長官にことずけて送らせよう。・・・・・」
正始八年、帯方郡長官の王頑が現地に着任した。倭の女王卑弥呼は、狗奴国の王卑弥弓呼ともともと仲が悪く、載斯烏越らを帯方郡に派遣して交戦の状況を説明した。そこで、郡は塞曹擾史の張政らを遣わして、詔書・黄撞を難升米に授け、檄文をつくって狗奴国にさとした。

解説
帯方郡は今のソウルのあたりで、昔から日本と中国のパイプ役となってきました。絹織物や有名な銅鏡が魏帝から下賜されましたわけですが、卑弥呼は魏の力を借りて狗奴国をなんとかしようと思ったのでしょう。そして魏から役人と詔書・旗が届けられ、卑弥呼の作戦はうまくいったかにみえましたが・・・・・

卑弥呼の死
原文
卑弥呼以て死す。大いに塚を作る。径百余歩、殉葬する者、奴卑百余人。更に男王を立てしも、国中服せず。更々(こもごも)相誅殺(ちゅうさつ)し、当時千余人を殺す。また卑弥呼の宗女壱与(いよ)年十三なるを立てて王となし、国中遂に定まる。
径百余歩:直径約100歩。一歩はふつう1、5メートルと考えられているが、1、8メートル説、0、3メートル説もある。
殉葬:貴人の死に殉じて一緒に埋葬されること  宗女:一族の女  壱与:台与(とよ)説もある


卑弥呼が死に、大きな墓が造られた。直径が約100歩で、奴卑が100人あまり殉葬された。
その後男の王を立てたが、国中がこれに従わず、お互いに殺し合い、1000人あまりが死んだ。そのため卑弥呼の一族で13才の壱与という女子を女王とし、国中がようやく静まった。

解説
卑弥呼は死んでしまいます。大きな墓が造られ、召使い100人も一緒に埋められてしまいました。ちなみにその卑弥呼の墓ですが、奈良県の箸墓古墳がそうではないかと言われています。
その後男王が立ったようですが、やはり男では無理だったようですね。それにしてもわずか13才で女王になるとは・・・。


卑弥呼資料より


ヒミコの鬼道
鬼道というのは、中国人から見て、異形のものであったからこう呼んだのであろう。
私はこれを祈祷であろうと考えている。
良く、道教的宗教儀式などと考える人が居るが、根拠は希薄である。
道教的というなら、儒教的なものもあって良さそうだが、そんなものが伝わっていたという様子は無いからである。

神道における祈祷を考えると、
物部氏の「振るの神事」、
大伴氏の「祓いの神事」、
中臣氏の「口寄せの神事」がある。
あと対馬に残る「亀甲卜占」があるが、広範に伝わっておらず、ここでは除外して構わないだろう。
又、各神社に伝わる固有神事は、神社縁起にまつわるものであるから、これも除外する。

「振るの神事」は鈴などを鳴らすことによって、破邪・鎮め・結び等を祈祷するものである。
「祓いの神事」は水に濡らした榊を用いて、破邪・鎮めを行うものである。
「口寄せの神事」は丁度恐山のイタコのように、神言を受ける神事である。

「口寄せ神事」が卑弥呼の鬼道に当たるという説がよく言われるが、私は疑問視している。
というのは、口寄せ神事は一人では出来ないからである。

「男弟あり、佐けて国を治む」
「男子1人あり、飲食を給し、辞を伝え居所に出入りす」とあるが、
男弟は男巫とは考えられないし、男子は奴碑又は下僕のようである。

通常口寄せ神事を行うに際して、神事に関わるものは、
斎戒沐浴し、身辺清浄に保たなければならない。
「飲食を給す」等と云うことは行わないのである。

ちなみに、宇佐神宮の祈祷は、この「口寄せ神事」であり、
宇佐では辛島氏の巫女が行ってきてる。
それ故、中臣氏は辛島氏と同系ではないかと考えられる。
琴弾神事も同じ系統である。

では、ヒミコの祈祷は、三種の内いずれかといえば、大伴氏の行う「祓いの神事」が最も近いと考える。

物部氏の「振るの神事」は現在出雲大社で、普通に行われている。
巫女が舞ながら、鈴ふりを行い、祈祷する。
これは、祈願者がいてその面前で舞ながら行うものであり、ヒミコの祈祷とは異なると考える。
ただ、「よく人を惑わす」とも魏志に記されているので、
時として、ヒミコも振るの神事や口寄せの神事を行っていたと考えることにやぶさかではない。

神社で神主が白い紙を寄せ集めた幣(ヌサ・ミテグラ)を振って祓いを行うが、
これは元々は榊でしつらえた神籠(ヒモロギ)であり、神の依代(ヨリシロ)でもある。
更にその原初は、アイヌが神送りの際用いるヌテウであり、神道祭祀中最も原初的と考えられる祭祀形式であって、
これを行わない神社はない。この様なことから、ヒミコの祈祷とは、
「祓いの神事」であると考えられるのである。

更に云えば、神籠のその原初は巨木信仰に迄遡るのである





http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/haka-topic26.html

by momotaro-sakura | 2011-03-02 15:06