狭心症

狭心症は発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気です。
発作の起こり方、原因などにより、一般的には『労作性狭心症』 か 『安静狭心症』、『器質型(血管の強い狭窄によって起こる)狭心症』 か 『異型狭心症』、『安定狭心症』 か 『不安定狭心症』のように分類されます。
血管内腔が狭くなることにより、心筋に十分な血流・酸素が送り込めない時に胸の痛みが起こります。
血管狭窄の原因の大多数は、糖尿病、高脂血症、高血圧などに引き続いて起こる動脈硬化です。
そのほか、血管けいれんも血管狭窄の原因となります。
症状としては、胸の奥が痛い、胸がしめつけられる・押さえつけられる、胸が焼けつくような感じ、などがあります。
大多数は胸部の症状として現れますが、上腹部(胃のあたり)や背中の痛み、のどの痛み、歯が浮くような感じ、左肩から腕にかけてのしびれ・痛みとして感じることもあります。
また、痛みの程度は、冷汗を伴う強いものから、違和感程度の軽いものまであります。
とくに糖尿病の患者さんは、病変の重症度に比べて、症状を軽く感じることが多く、注意が必要です。
労作性狭心症
歩行、階段昇降などの身体的な労作、精神的な興奮・ストレスが誘因となります。
安静にしたりストレスがなくなると、多くは数分で、長くとも15分以内で症状が改善します。
通常、心筋は運動などにより動きが盛んになると、正常なはたらきを保つための十分な酸素・栄養を必要とし、冠動脈の末梢が広がることによって血流が増します。
しかし、動脈硬化により冠動脈に狭窄があると、心筋に十分な血流を送り出すことができなくなります。
狭窄の程度が強いと少し動いただけで、また狭窄の程度が軽いと激しい運動をした時に、心筋への酸素の供給が足りなくなります。
つまり、心筋の仕事量に見合っただけの酸素供給が足りなくなった時に症状が現れます。
安静狭心症
労作・ストレスに関係なく起こる狭心症です。
後述の異型狭心症、不安定狭心症がこれに属します。
異型狭心症
冠動脈のけいれんによって起こる狭心症です。労作とは関係なく、夜間、明け方に発作が多いことが特徴です。
また、ニトログリセリンの投与により著しく改善します。
安定(型)狭心症
発作の起こり方が一定している狭心症で、労作性狭心症の大部分がこれに属します。
不安定(型)狭心症
狭心症の症状が、軽労作または安静時に起こった場合、最近1カ月の間に症状が新しく始まるか起こりやすくなり、毎日のようにまたは1日何回も発作を繰り返す場合、また、ニトログリセリンが効きにくくなった場合の狭心症です。
安定型狭心症と比べ、冠動脈に高度な狭窄病変を認めることが多く、心筋梗塞へと進展する可能性の高い状態です。



心筋梗塞症の治療法
Q. 急性心筋梗塞症はどう治療するのですか?
A.まず、突然、胸が痛みだした時、どうすればよいかから説明しましょう。

発症後は、できるだけ早く治療を開始した方が経過が順調なのはいうまでもありません。発症直後は危険な不整脈も生じやすいので、発作を我慢しないで、すぐに医療機関に相談することが肝心です。119番に電話し、できるだけ救急車を呼んでください。
Q. 救急外来や入院直後の治療は?
A.痛みを抑えたり、酸素吸入をしたり、一般的な治療とともに、危険な状態を脱するための処置や、緊急で行う冠動脈造影の準備をします。
Q. 高度な治療が必要な場合はどうするのですか?
A.初期の治療には次のようなさまざまな装置が必要となります。心電図の観察装置、危険な不整脈を電気的に治す装置、脈拍が遅くなった時に体外から刺激を与える装置(「一時ペーシング」)、呼吸困難な時には人工呼吸器なども準備します。
Q. さらに重症になった時はどうするのですか?
A.生命の危機を脱するため、血圧や心拍の監視装置、心臓のポンプ作用を補助する装置、冠動脈造影室、さらに心臓外科との連携も欠かせず、冠動脈疾患用集中治療室(CCU)が必要となります。発作直後の急性期には、原則としてこの集中治療室に収容します。

急性心筋梗塞症に対し最も重要な治療は、閉塞した冠動脈を再び開通させる「再灌流療法」です。この方法で心筋梗塞の大きさを早く縮小させることができれば、長期的に見た予後もいいわけで、一刻も早く再開通させることが治療のかぎとなるのです。

発症後6時間までに行えば、梗塞範囲が小さくなることが確かめられています。ですから原則として6時間以内であれば、冠動脈にできた血栓を溶かす「血栓溶解療法」か、または“風船療法”である冠動脈形成術(PTCA)によって、閉塞した血管を開通させます。これらを再灌流法といいます。

最近では、発症後12時間から24時間たっていても再灌流法を行い、その効果が検討されています。

血栓を溶かす薬としては「組織型プラスミノーゲンアクチベーター(tPA)」が主に使われています。
Q. 治療中、行動が制約されると思いますが、弱った心臓のリハビリテーションはどう行われるのでしょう?
A.急性期から、2~3週間で退院できる時期まで、医師や看護師と一緒に心電図や血圧を測定しながら、徐々に行動範囲を広げていきます。これを心臓リハビリテーションと呼びますが、詳しくは、この「循環器病あれこれ」シリーズの「心臓リハビリのQ&A」を参考にして下さい。
大切な最初の処置
Q. 話をうかがっていると、最初の処置がいかに早く行われるかが大切なことを痛感します。この点をもう少し説明してください。
A.急性心筋梗塞症で亡くなられる方の半数以上が、発症から1時間以内に集中しています。原因はほとんどが、心室細動と呼ばれる不整脈です。

この不整脈が起こると心臓はポンプの作用ができず、2~3分以内に人工呼吸や心臓マッサージをする心肺蘇生法が行われなければ助かりません。

いかに一刻を争うかは、<図10>の救命曲線のグラフを見てもらえば、よくわかるはずです。心停止から蘇生を始めるまでの時間が1分以内なら97%蘇生に成功しますが、5分経過すると25%の低率になってしまいます。

119番通報をしてから、救急隊が現場に到着するまでに5分かかっています。その場に居合わせた人が「心肺蘇生法」の心得があれば助かるチャンスが広がるわけで、そのためには家族や職場ぐるみで心肺蘇生法の講習を受けておく必要があります。病院や消防署、日赤などで定期的に講習会が開かれていますので受講してください。

だれかが心臓発作で倒れた時、周りの人がまず何をするべきかを、<図11>にまとめました。応急処置は一度覚えれば、だれにでもできますから、一人でも多くの人にマスターしてほしいのです。

by momotaro-sakura | 2011-03-05 11:50 | 健康管理/先端医療