【接着剤】三井化学、手術時の切開部接着に用いる医療用接着剤を開発

【接着剤】三井化学、手術時の切開部接着に用いる医療用接着剤を開発

コンバーティング業界ニュースより転載
2011年 3月 07日(月曜日)

 三井化学(株)(社長:田中稔一)は、手術時の切開部接着に用いる医療用接着剤を新たに開発した。現在、薬事法に基づく承認に向けた手続きを行っており、2011年内の上市、販売を目指している。

 従来、手術後の切開創の閉鎖には縫合糸やステープラー(固定針)が使用されるのが主流。しかし、最近では切開創の傷痕を目立たなくすることおよび感染を防止することを目的に、医療用接着剤をこれらの代わりに使用した最新施術が行われている。医療用接着剤の世界市場は既に2009年で6億5千万ドルとなっており、今後の成長率は12%以上と言われている。

 同社が開発した医療用接着剤は、既存の接着剤に比べて粘性が高く創内へ垂れ込みにくいため、治癒阻害が少ないと考えられている。また、同社独自の触媒技術を導入しているため、既存の接着剤に比べ副生物が少なく炎症が起こりにくいという特長がある。さらに、この接着剤の成分は医療分野で30年以上にわたり使用されており、安全性についても実証済み。現在、北里大学医療衛生学部人工皮膚研究開発センター黒柳能光教授の下で有用性等の評価を実施しており、成果については、第10回日本再生医療学会総会(3月1日、京王プラザホテル)において報告された。

 同社グループでは、2011年度から始まる3カ年の中期経営計画において、ヘルスケア領域を含む精密化学品事業を、景気変動を受けにくい「重点5事業」の1つに位置付けている。

by momotaro-sakura | 2011-03-08 14:58