宮城・石巻市で「崩れた民家から『助けて』」の通報 県警が捜索

宮城・石巻市で「崩れた民家から『助けて』」の通報 県警が捜索
2011.3.27 11:48
 27日午前7時10分ごろ、宮城県石巻市門脇町で、通行人の男性が「崩れた民家から『助けて』という声が聞こえた」と石巻署に通報した。

 県警は生存者がいる可能性もあるとみて、自衛隊などとともに捜索しているが、午前11時半現在、生存者は見つかっておらず、救出を求める声も聞こえてこないという。

 県警によると、現場は、20日に男子高校生(16)と祖母(80)が発見された民家の近く。

 生存者が発見されれば、地震から16日ぶりの救出となる。

産経ニュース
by momotaro-sakura | 2011-03-27 14:45