マスコミが報じなかった もう一つの「東日本大震災」

マスコミが報じなかった もう一つの「東日本大震災」
2011年4月7日 12時10分


 今回の一連の震災報道をめぐり、「ロクデナシのマスコミ」「非道な気象庁」などと抑え切れない怒りをぶちまける"記事"がインターネット上で話題となっている。

「ウィキペディア」のパロディサイト、「アンサイクロペディア」に掲載された「栄村大震災」についての記述がそれだ。

被害の最も大きかった青倉地区。公民館も全壊した

 東日本大震災のあった翌日、3月12日午前3時59分に起きた長野県と新潟県の県境にある長野県下水内郡栄村を震源とした「栄村大震災」は、最大震度6強を記録。しかも、本震からわずか1時間あまりのうちに震度6弱の余震が2度にわたって起こるなど、被害が甚大であったにもかかわらず、全国紙レベルではまったくと言っていいほど報道されなかったのだ。このため、アンサイクロペディアには「まるで何事もなかったかのように(栄村だけ)多くの国民から無視されることになる」などと痛烈な批判が書かれている。

「地元紙やローカル放送ではかなり大きく報道されていたのですが、確かに全国ネットのテレビや新聞ではまったく報じられませんでしたね。実際の被害状況は、道路が寸断されて一時孤立してしまう集落もあったくらいなんですが……」

 地元メディアの記者もこう嘆くように、地元の公民館は完全に瓦解し、小学校の天井も崩れ落ちるなど、建物の全半壊は45~46棟(物置も含む)。死者こそ出なかったものの、地震発生当初は村民約2300人のうち1700人以上が避難する深刻な被害に見舞われたという。

「毎日、テレビには津波の被害や原発事故ばかり流れているんで、そちらに目が向くのは仕方のないことだと思います……。ただ、今回ネットで栄村の被害を知ったという人たちからたくさん励ましの電話やメールが届きました。ウチの村が被害の大きさに比べて『無視されているんじゃないか』って心配してくれている人が少なからずいると知り、純粋に嬉しかったですね」

 栄村役場総務課の藤木利章さんはこう話すが、震度6強の爪痕は深く、復旧にはまだまだ時間がかかりそうな気配だ。

 実際に復興作業にあたるNPO法人「栄村ネットワーク」事務局理事の松尾真さんが言う。

「物資はかなり届いていますが、水道と下水に関しては水源が完全に土砂崩れでやられちゃったというのもあって、復旧にかなり時間がかかると思います。仮設住宅の建設も、進み具合は東北より遅いですし……。とりあえず40戸造ることは決まったのですが、まだまだ全然足りませんね」

 さらに、松尾さんが心配するのが、栄村の地震が今後一連の東日本大震災と同じに扱われるかどうかについてだ。

「警察庁が発表した4月1日付の被害状況を見ると、今回の東日本大震災の被害県に、四国の徳島県や高知県が入っているのに長野県が入っていないんです。被害県として認定されなければ復興予算も回ってこない……。政府が原発事故にかかりっきりなのもわかっているのですが、これからがとても心配です」

 栄村がこれ以上「無視」されないことを祈るばかりだが。

e0009760_1245997.jpg





<東日本大震災>栄村の避難指示全解除…帰宅まだ遠く/長野
毎日新聞 4月7日(木)1時45分配信

 長野県栄村は6日、中条地区6世帯18人の避難指示を解除し、県北部地震発生の3月12日からほぼ全村に出されていた避難指示はすべて解除された。しかし、同地区と隣の青倉地区の計16世帯43人への避難勧告は継続。また村の一部では下水道が復旧しておらず、家屋の損壊もあって、この日、中条地区へ帰宅する住民の姿はほとんどなかった。多くが避難所生活を続けざるを得ず、復興にはなお時間がかかりそうだ。【大島英吾】

 中条地区では、地震で中条川上流に土砂崩れが発生。沢の斜面が幅最大100メートル、長さ1キロにわたり崩れ、約20万立方メートルの土砂が川にたまった。県が川岸などに土のうを積む作業を5日に終え、村は6日午前9時で最後の避難指示を解除した。

 しかし同地区の主婦、月岡カノさん(71)は「土石流は心配なさそうだけれど、家はトイレも使えず、まだ住める状態じゃない」と話し、自宅の掃除などをした後、再び避難所の村役場に戻った。家族4人暮らしの土木業、斉藤吉信さん(62)も「まだ当分、誰も帰れないのではないか。(戸別に下水を処理する)合併浄化槽にしておけば良かったが、まさかこんな地震が起こるとは」。佐久市の妹(60)宅に預けた母(87)以外は避難所に残っているという。

 村によると、中条地区と森地区(87世帯)で下水道が使えず、復旧のめども立っていないという。

 一方、中条地区の広瀬サイ子さん(85)方は家屋が危険な状態だ。全壊こそ免れ、県が実施した「要注意」という危険度判定結果を示す黄色の紙がはられたが、「壁も柱もだめ。解体するしかない」。千葉県船橋市から様子を見に来た息子の公文さん(58)は「雪が解けて土台を見てみないと分からないが、もう住めないだろう。避難指示が解除されても変わらないよ」と言う。広瀬さんは仮設住宅のほか、将来は老人ホームへの転居も考えているという。

 村によると、中条地区などから自主避難している109人(5日午後6時現在)が、今後も村役場など3カ所で避難所暮らしを続ける。村は4日から家屋の被災状況を調査し、国の支援金の受け取りなどに必要な「罹災証明書」を発行する。6日夜には村役場で仮設住宅の説明会も開くなど、支援を続ける

by momotaro-sakura | 2011-04-07 12:40