がれき、3年で米西海岸に到達 ハワイ大が予測

がれき、3年で米西海岸に到達 ハワイ大が予測
2011年5月9日 10時27分 (2011年5月9日 12時33分 更新)
 震災のがれきが太平洋を漂流し、3年後には米西海岸へ到達するとの予測結果
e0009760_14145639.jpg

 【ロサンゼルス共同】東日本大震災に伴う津波で発生した大量のがれきが太平洋を漂流し、3年後には米西海岸へ到達するとの予測を、米ハワイ大の国際太平洋研究センターが8日までにまとめた。海を漂流するごみは震災前から海洋生態系や漁業資源、船舶の運航に悪影響を与えており、同センターは、新たに発生した大量のがれきでこれらの問題が深刻化すると指摘した。同センターは、ブイなどを使って観測、分析してきた太平洋の海流の動きを基に予測した。

by momotaro-sakura | 2011-05-09 14:15