「ソウル便運休」期間延長を申請 アシアナ航空

「ソウル便運休」期間延長を申請 アシアナ航空
2011年5月18日

 アシアナ航空は十七日、運休している定期路線「茨城-ソウル便」について、当初六月末までだった運休期間を十月二十九日まで延長する事業計画を国土交通省に申請した。同社東京支店によると、福島第一原発事故の影響で利用が落ち込んでいるため。茨城空港(小美玉市)内の同社茨城支店は業務を東京支店に統合しており、五月いっぱいで一時休業するという。

 一方、チャーター便の「茨城-上海便」を運航する春秋航空は、原発事故の影響で不定期な運航となっているが、七~九月は水、金、日曜の週三便を予定し、国交省に申請している。同社茨城支社は「七~八月は観光の需要も高まるため一便でも多く飛ばしたい」としている。 
(北爪三記)

東京新聞
by momotaro-sakura | 2011-05-18 19:11