原発、台風対策間に合わず 29、30日に大雨の恐れ

原発、台風対策間に合わず 29、30日に大雨の恐れ
2011年5月28日 06時01分
 猛烈な台風2号が北上し、東日本大震災の被災地では29日から30日にかけて大雨の恐れが高まっている。福島第1原発では放射性物質の広がりを防ぐため、汚染されたがれきの除去や飛散防止剤の散布など対策が進むが、水素爆発などで壊れた原子炉建屋はむき出しのままだ。

 東京電力は約1カ月前から、放射性物質で汚染されたほこりを固めて、風で飛ばされたり、雨で海に流出したりするのを防ぐ飛散防止剤を1〜4号機の原子炉建屋周辺の敷地で散布している。

 27日からは放水車やコンクリートポンプ車を使い、建屋本体への散布も可能となったが、29日の時点では作業はまだ道半ばだ。
共同ニュース
by momotaro-sakura | 2011-05-28 11:12