内閣不信任案

内閣不信任案】
亀井氏、首相の退陣要求 震災対応実施前提に
2011.6.2 11:01 産経ニュース
 国民新党の亀井静香代表は2日午前、首相官邸で菅直人首相と会談し、「会期を延長し、原発事故や東日本大震災への対応をしっかりした上で退陣の腹を決めていただきたい」と要請した。

 亀井氏によると、首相は「考えておきます」と述べたという。



内閣不信任案「粛々と否決する」…枝野長官
読売新聞 6月2日(木)11時14分配信

 枝野官房長官は2日午前の記者会見で、午後の衆院本会議で内閣不信任決議案が採決されることについて、「国民にご迷惑をかけ申し訳ない。永田町の論理で(政局が)進むことは国民の視点から許さず、粛々と否決する」と述べた。

 可決された場合の対応について、枝野氏は「首相の専権事項だ」と語った上で、「首相は自ら逃げることなく政権運営を続ける」と語った。
.
by momotaro-sakura | 2011-06-02 11:14