大震災、M5以上余震500回-史上最多の更新続く  

大震災、M5以上余震500回-史上最多の更新続く  
 東日本大震災のマグニチュード(M)5以上の余震回数が、本震から3カ月足らずの2日午前8時までに500回に達したことが、気象庁の観測で分かった。誘発されたとみられる内陸の地震は、この中に含まれていない。

 これまで国内の地震で最多だった1994年の北海道東方沖地震(M8・2)の本震から80日で126回を大幅に上回り、観測史上最多記録の更新を続けている。

 同庁によると、M6以上が81回、M7以上は5回。本震発生当日の3月11日だけでM5以上が158回に達し、5月以降は1日当たり0~4回となっている。

by momotaro-sakura | 2011-06-02 11:17