小沢氏、「脱小沢」の候補支援も示唆「過去は不問」2011年6月8日3時0分

小沢氏、「脱小沢」の候補支援も示唆「過去は不問」
2011年6月8日3時0分アサヒコム

. 民主党の小沢一郎元代表は7日、自らに近い国会議員十数人と国会内で会合を開き、菅直人首相の辞任に伴う党代表選で支持する候補について「過去の言動や振る舞いにとらわれない」と述べ、自身に批判的な立場の議員も含め支持する可能性に言及した。

 小沢氏は約120人とも言われる党内最大の議員グループを束ねながら、グループ内で有力な代表候補が見当たらない。一方、「脱小沢」路線を取る議員の中では、仙谷由人官房副長官や前原誠司前外相、野田佳彦財務相らが代表候補に取りざたされている。

 小沢氏の発言は、こうした党内情勢を見極めつつ、党内で影響力を維持する狙いから「脱小沢」系候補を含め支持せざるを得ないとの考えを示唆したものだ



前原氏が民主以外の首相に柔軟姿勢 代表選に意欲
2011.6.7 23:23
 民主党の前原誠司前外相は7日夜のBSフジ番組で、民主、自民両党の大連立構想に関連、民主党以外から首相を選出する可能性について「全ての選択肢を議論したらいい。あまり硬直的に考えるべきでない」と述べ、柔軟に対応すべきとの考えを示した。

 前原氏はまた、菅直人首相(党代表)、鳩山由紀夫前首相、小沢一郎元代表が党を主導してきた「トロイカ体制」に関し、「トロイカの皆さんは民主党を政権交代まで導いた功労者だが、そろそろ力を借りなくとも、われわれの世代が若い世代と一緒にやっていく形に変えたい」と述べた

 首相が次期代表について「若い世代に引き継ぐ」と強調していることを念頭に、自らの次期代表選出馬を含め、党運営を主導していく意欲をみせたものとみられる。

by momotaro-sakura | 2011-06-08 08:48