野田財務相擁立の方向=岡田・仙谷氏ら一致―民主代表選

野田財務相擁立の方向=岡田・仙谷氏ら一致―民主代表選
2011年6月9日 09時24分  民主党の岡田克也幹事長、仙谷由人代表代行らは9日までに、退陣表明した菅直人首相の後継を選ぶ党代表選に野田佳彦財務相(54)を擁立する方向で調整に入った。東日本大震災からの本格的復興策を盛り込んだ2011年度第2次補正予算案や、11年度予算執行を裏付ける特例公債法案の早期成立に向け、野田氏であれば政策の継続性が図れると判断した。
 野田氏も出馬に前向きとされ、同氏周辺は「推されれば立候補する」と語った。
時事通信社 

菅首相後継選び 野田財務相擁立を検討 幹事長には仙谷氏
 民主党の岡田克也幹事長、枝野幸男官房長官ら菅政権の複数幹部は9日、退陣表明した菅直人首相の後継を決める代表選に向けて、野田佳彦財務相(54)の擁立を軸に検討に入った。

 首相の月内退陣を想定して7月上旬の代表選実施も視野に入れており、野田氏が選出された場合の党幹事長には仙谷由人官房副長官(65)を起用する方向で調整する。野田氏は出馬に前向きとされる。

 このほか党内では、樽床伸二元国対委員長(51)、小沢鋭仁前環境相(57)が立候補を検討し、鹿野道彦農相(69)の出馬も取りざたされている。民主党は「政治空白」を最小限にとどめるため、党員・サポーター投票は実施せず、両院議員総会で党所属議員の投票により新代表を選出する見通しだ。

 首相は9日午前の衆院東日本大震災復興特別委員会に出席。野党は「居座りは政治空白を長引かせ、震災からの復旧・復興の障害」として退陣時期を明言するよう求める。自民党の石原伸晃幹事長はラジオ番組で「6月いっぱいとか7月上旬に適切な判断をしてもらわないと物事が先に進まない」と早期退陣を重ねて求めた。

 民主党内では菅首相後継をめぐり当初、野田、仙谷両氏の名前が浮上。ただ仙谷氏に関しては官房長官として参院で問責決議を受けており、国会で自民、公明両党の協力を得る場合の支障になるとの判断が強まった。党内では前原誠司前外相(49)を推す声もあり、最終的な戦いの構図が確定するまでには曲折もあり得る。

 首相は2日の民主党代議士会で退陣の意向を表明。しかし同日夜の記者会見では年明けまで続投する意欲を示し、3日の参院予算委員会でも同様の認識を示していた。その後、8月には退陣する意向が表面化したが、首相は正式な発言をしていない。
. [ 2011年6月9日 10:37スポニチ
by momotaro-sakura | 2011-06-09 11:46