菅首相は、参議院予算委員会で、当面の続投に意欲

菅首相は、参議院予算委員会で、当面の続投にあらためて意欲を示しながら、次の首相に政策を引き継ぎたいと強調した。一方、「ポスト菅」をめぐる動きでは、野田財務相や鹿野農水相の擁立論を中心に動きが活発化しつつある。
菅首相は、仮設住宅完全入居の目標であるお盆までは、続投する意欲をあらためて強調した。
衆院予算委で、自民党・林 芳正政調会長代理が「(新聞に投稿の川柳)がんばろう日本 総理が続けても。国民の皆さんの目というのは厳しい」と述べたのに対し、菅首相は「その川柳ではないが、首相が何回代わっても、政策が前に進まないということになってしまってはならない」と述べた。
しかし焦点は、退陣と引き換えの「特例公債法案」成立で野党と合意できるかにかかっており、「復興基本法修正案」が来週成立すれば、早期退陣への動きが一気に強まることが予想される。
一方、後継レースで名前が挙がっている野田財務相、鹿野農水相はともに、対応について明言を避けた。
野田財務相は10日朝、「職責を全力で果たすこと以外、何も考えていません。とてもこういう動きが出ていることに違和感を感じています」と述べた。
鹿野農水相は「今背負っている責務を、日々懸命に果たしていきたい」と述べた。
執行部を中心に野田財務相擁立で早期の一本化を図る動きがある一方で、野田財務相の「増税論」への反発などから、小沢グループの一部などに鹿野農水相擁立の動きも出ており、代表選の全体の構図が固まるには、まだ時間がかかるとみられる。
ANNニュース
by momotaro-sakura | 2011-06-10 13:27