バルーンカテーテル

バルーンカテーテル
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


バルーンカテーテルバルーンカテーテル(英: Balloon catheter)はカテーテルの一種。先端が風船状となっており、血管などの内部で膨らませることにより、治療や処置に用いられる。

目次 [非表示]
1 用途
1.1 循環器科
1.2 泌尿器科
1.3 婦人科
2 脚注


用途 [編集] 循環器科 [編集]経皮的冠動脈形成術 - 狭心症等の治療において、冠動脈の狭窄部位で風船を膨らませることにより血管を拡張する[1]。
泌尿器科 [編集]尿道を拡張し、排尿障害の改善に用いる[2]。

詳細は「尿道カテーテル」を参照

婦人科 [編集]卵管形成術に用いられる[3]。
by momotaro-sakura | 2011-06-11 12:48 | 健康管理/先端医療