虚血性心疾患

虚血性心疾患について説明します。

           (心臓血管の中で最も多い病気です)


・・・虚血性心疾患とは?・・・

動脈硬化や血栓などで心臓の血管が狭くなり血液の流れが悪くなる病気で
す。心臓の筋肉に必要な酸素や栄養が行き渡りにくくなる為、激しい運動
やストレスなどにより、心臓の筋肉が一時的に血液不足となり前胸部、背
中や左腕に痛み、圧迫感を感じます。これらが虚血性心疾患の症状です。

                                  

*動脈硬化

年齢を重ねると共に、動脈の壁は弾力を失い硬くなります。更に血管の内
側にコレステロールやカルシウムがたまり血管が狭くなり、血液がスムーズ
に流れなくなってきます。これが動脈硬化です。

                                    



心疾患の中で最も多いもので、食生活などの欧米化に伴い年々増加して
います。虚血性心疾患には狭心症と心筋梗塞があります。

虚血性心疾患の治療には薬物的治療、カテーテルによる治療、外科的治
療(冠動脈バイパス術)があります。
by momotaro-sakura | 2011-06-11 12:58 | 健康管理/先端医療