抗血小板療法(抗血栓療法)

抗血小板療法(抗血栓療法)
血管内に血栓ができることを防ぐ薬を服用することを抗血小板療法といいます。PCI治療(経皮的冠動脈形成術)の際にステントを留置する治療を受けた場合は、クロピドグレル硫酸塩もしくはチクロピジン塩酸塩を約1年間服用することと、アスピリンを無期限に服用することが推奨されています。尚、服用期間は、それぞれの患者さんの状態によってことなりますので、ご自分で判断せず、必ず医師の指導に従いましょう。


成分(一般名) : クロピドグレル硫酸塩
製品例 : プラビックス錠25mg~75mg ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 : 他の血液,体液用薬/抗血小板剤/抗血小板剤

--------------------------------------------------------------------------------


  PR 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

   概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用

概説 血管内で血液が固まるのを防ぐお薬です。血栓症の治療に用います。
作用

【働き】


血管内で血液が固まり、血流を止めてしまう状態を「血栓」といいます。心筋梗塞や脳卒中(脳梗塞)がその代表です。血管が詰まってしまうので、その先の組織が障害を受け機能を失ってしまいます。

このお薬は「抗血小板薬」です。血小板の働きをおさえて、血液が固まるのを防ぎます。おもに、脳の血管が詰まる脳卒中(脳梗塞)の予防に用いられています。とくに、脳の太い動脈がコレステロールなどで狭くなることで起こる「アテローム血栓性梗塞」、あるいは頚動脈の硬化による「一過性脳虚血発作」に効果が高いと考えられています。

【臨床試験】
この薬クロピドグレルと、標準的な抗血小板薬であるアスピリンとの比較試験が、2万人近くの人でおこなわれています。この薬を飲んでいた人のほうが、心血管系の病気の発症割合が9%ほど少ないという結果でした。
国内で広く使われている従来品の類似薬チクロピジン(パナルジン)を対照とした二重盲検比較試験がおこなわれています。その結果、心血管系の病気の発症予防効果に差はでませんでしたが、肝機能障害など重い副作用の発現率がチクロピジンより少ないことが示されました。
CHARISMA試験は、アスピリンとの併用療法における1次予防効果を検証する試験です。その成績は、期待に反し、この薬とアスピリンを併用しても、アスピリン単独による効果と差はなく、かえっては出血や死亡のリスクが高くなるというものでした。1次予防における安易な抗血小板薬の併用療法は推奨できないと結論されました。

特徴 チエノピリジン系の抗血小板薬です。同系のチクロピジン(パナルジン)と比べ、肝障害などの重い副作用がやや少ないとされます。
多くの大規模臨床試験によって、その有用性と安全性が確認されており、世界的にも広く使われています。

注意
【診察で】
持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。
服用中の薬を医師に教えてください。また、別の病院や別の科で診察を受けるときも、この薬を飲んでいることを必ず伝えてください。
注意事項や副作用について十分説明を受けてください。薬の性質をよく理解しておくことが大切です。
手術や抜歯の予定のある人は、事前に医師と相談しておきましょう。出血が止まりにくくなることがあります。


【注意する人】


血が止まりにくくなるので、出血をともなう病気のある人は使用できません。たとえば、血友病、消化管出血、尿路出血、喀血、眼底出血などです。また、手術の前後、使用を休止することがあります。


適さないケース..出血をともなう病気
注意が必要なケース..出血傾向のある人、重い肝臓病、重い腎臓病、高血圧、低体重、高齢の人、手術の前後。

【飲み合わせ・食べ合わせ】
アスピリンやワルファリンなど他の抗血栓薬といっしょに飲むと、出血しやすくなるかもしれません。これらとの併用は、慎重におこなわなければなりません。
消炎鎮痛薬による消化管出血の副作用を助長するおそれがあります。
胃薬のオメプラゾール(オメプラール、オメプラゾン)との併用により、この薬の作用が減弱するおそれがあります。


【使用にあたり】


症状によって飲む量が違います。指示された用法用量を守ってください。ふつう、空腹時や食間を避け、1日1回食後に飲みます。


【検査】


定期的に肝機能や血液の検査を受ける必要があります。とくに飲み始めの2カ月間は、2週間ごとにおこなうことが望ましいです


【食生活】


出血が止まりにくいかもしれません。激しい運動や危険な作業をおこなう場合は、ケガをしないように注意しましょう。もしも、ひどいケガをしたときは、直ちに受診してください。
効能

【効能A】


虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制。

【効能B】


経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞) PCIが適用予定の急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞)患者への投与は可能である。冠動脈造影により、保存的治療あるいは冠動脈バイパス術が選択され、PCIを適用しない場合には、以後の投与は控えること。

用法

【効能A】


通常、成人は、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口服用するが、年齢、体重、症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口服用する。


出血を増強するおそれがあるので、特に出血傾向、その素因のある患者等については、50mg1日1回から服用すること。
空腹時の服用は避けることが望ましい。


【効能B】


通常、成人は、服用開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回経口服用し、その後、維持量として1日1回75mgを経口服用する。


アスピリン(81~100mg/日)と併用すること。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。

副作用 出血したり、血が止まりにくくなることがあります。もしも、出血がみられたら、すぐに受診してください。たとえば、歯ぐきの出血、鼻血、皮下出血、血尿などです。重症化することはまれですが、消化管出血や脳出血など重い出血を起こす危険性がないとはいえません。

そのほか、重い副作用としてTTP(下記)や血液障害、肝障害などが知られています。これらはきわめてまれな副作用ですが、下記のような初期症状に念のため注意してください。とくに飲み始めの2カ月間は要注意です。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
重い出血(消化管出血、肺出血、脳出血、眼底出血)..歯ぐき出血、鼻血、血痰、皮下出血(血豆・青あざ)、血尿、吐血、血便(赤~黒い便)、息苦しい、頭痛、めまい、しびれ、うまく話せない。
TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)..だるい、食欲不振、皮下出血(青あざ)、発熱、意識もうろう
間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や歯肉出血など出血傾向。
肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。

【その他】
歯ぐきの出血、鼻血、皮下出血(青あざ)、血尿、生理の出血が多い
発疹、かゆみ
胃の不快感、食欲不振、吐き気、腹痛、下痢


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バイアスピリン錠100mg[抗血小板剤]
QLifeお薬検索バイエル薬品株式会社バイアスピリン錠100mg[抗血小板剤]更新日:2009/09/17

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

タグ:血液・体液用薬後発薬錠剤アスピリン(Aspirin)


薬価
1錠あたり5.8円
この薬はジェネリック医薬品です
剤形
白色の腸溶錠    直径7.3mm 厚さ3.2mm
シート記載
表/BA100,100  裏/バイアスピリン100
製薬会社
バイエル薬品株式会社
主成分(一般名)
アスピリン(Aspirin)

Google Scholarで論文を検索
PubMedで論文を検索
CiNiiで論文を検索
処方実績の多い疾患
狭心症 処方数1位
痛風
頭痛
関節リウマチ
気管支炎
急性気管支炎
処方実績はレセプトデータを基準としています。院長JP(医療機関従事者専用)では、詳細なデータを確認出来ます。
添付文書
バイアスピリン錠100mg[抗血小板剤]の添付文書
この薬の他剤形・容量
アスピリン「バイエル」[解熱・鎮痛・消炎]
アスピリン「バイエル」[川崎病]
バイアスピリン錠100mg[川崎病]
同じ主成分の薬
アスピリン腸溶錠100mg「トーワ」[川崎病]
アスピリン腸溶錠100mg「タイヨー」[川崎病]
ニチアスピリン錠100[抗血小板剤]
アスピリン「ケンエー」
ゼンアスピリン錠100[川崎病]
ゼンアスピリン錠100[抗血小板剤]
ゼンアスピリン錠100[抗血小板剤]
ゼンアスピリン錠100[抗血小板剤]
ゼンアスピリン錠100[川崎病]
アスピリン「ヨシダ」
アスピリン「ヒシヤマ」[解熱・鎮痛・消炎]
アスピリン「ヒシヤマ」[川崎病]
アスピリン.OY
バッサミン配合錠A330
アスピリン腸溶錠100mg「タイヨー」[抗血小板剤]
アスピリン腸溶錠100mg「トーワ」[抗血小板剤]
アスピリン原末「マルイシ」
アスピリン錠100「KN」[抗血小板剤]
アスピリンシオエ
ニチアスピリン錠100[川崎病]
ゼンアスピリン錠100[川崎病]
アスピリンシオエ
バファリン配合錠A81
バッサミン配合錠A81
バファリン配合錠A330
アスピリン錠100「KN」[川崎病]
バファリン330mg錠
バファリン330mg錠
バッサミン錠81mg
バファリン81mg錠
バッサミン錠330mg
バファリン81mg錠
サリチゾン坐薬750
Ads by Google

円高70円と株暴落の前兆
なぜいま株価が乱高下するのか?株で勝つ人負ける人の違いとは何か
www.kabunogakkou.com
1日88円の医薬品でシミ対策
気になるシミを治療する!一日たったの88円の医薬品
437970.com/index.html
自律神経失調症の漢方治療
症状体質に合わせて漢方薬を調合フリーダイヤルから相談は無料です
jiritu-sinkei.jp基本情報薬剤師口コミ(1件) この薬の作用と効果について
シクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)阻害により、トロンボキサンA2の合成を阻害して血小板凝集を抑制し、血液が凝固して血管をつまらせるのを防ぎます。
通常、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞における血栓・塞栓の形成を予防します。
ページトップへ

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。
以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、出血傾向・血液に異常がある、喘息またはその既往、手術や抜歯を予定している。妊娠または授乳中他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、大衆薬も含めて他に使用中の医薬品に注意してください)。
ページトップへ

用法・用量(この薬の使い方)
通常、成人は1日1回1錠(主成分として100mg)を服用します。治療を受ける疾患や症状により適宜増量されます。必ず指示された服用方法に従ってください。胃障害を軽減するため、主成分が胃で溶けずにゆるやかに腸から吸収される製剤です。特別な指示がないかぎり、割ったり、砕いたり、すりつぶしたりしないで、そのままかまずに飲んでください。また、空腹時の服用をさけてください。飲み忘れた場合は気がついたとき、できるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、つぎの通常飲む時間が近いときは飲まないで、つぎの通常の服用時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。
ページトップへ

生活上の注意
消化管出血を誘発または増強することがありますので、アルコール類と一緒に飲むことはさけてください。

副作用
主な副作用として、消化管障害、蕁麻疹、発疹、浮腫、めまい、頭痛、興奮、過呼吸、倦怠感、貧血などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。顔面蒼白・冷や汗、めまい、呼吸困難ショック、アナフィラキシー様症状頭痛・悪心・嘔吐、コーヒー色のものを吐く、黒い便が出る脳・消化管などの出血皮膚や粘膜のただれ、水ぶくれ、発熱皮膚粘膜眼症状、中毒性表皮壊死症、剥脱性皮膚炎息苦しさ、呼吸がゼーゼーしたり短くなる喘息発作全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる肝機能障害、黄疸以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
ページトップへ

保管方法その他
乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気をさけて保管してください。薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。
by momotaro-sakura | 2011-06-11 16:40 | 健康管理/先端医療