国会「70日延長」議決へ 自民・公明は反対の方針

国会「70日延長」議決へ 自民・公明は反対の方針
2011年6月22日15時5分アサヒコム

 22日に会期末を迎えた通常国会は、70日間延長されることになった。22日午前の与野党幹事長・書記局長会談で民主党の岡田克也幹事長が表明、午後の衆院本会議で与党などの賛成多数で議決する。これに対して自民、公明などの野党は、菅直人首相の退陣時期が不明確なことなどを理由に、反対する方針を決めた。

 会期延長の対応は共産、社民、みんなは賛成、たちあがれは反対の方向だ。

 岡田氏は22日の与野党会談で、延長幅を70日にした理由について、第2次補正予算案などを挙げ、「時間的余裕を持って審議するため」と説明した。「首相の退任時期と延長幅は関係ない」とも述べ、延長後の会期内に首相が辞任する可能性があることを強調した。

by momotaro-sakura | 2011-06-22 15:44