老人が自殺するところ…その街はもうすぐ滅びる

ヨーロッパの格言にこんなのがある
老人が自殺するところ…その街はもうすぐ滅びる
・養老町養老の雑木林で男性が木にひもをかけ、首をつって死んで
いるのを山イモ掘りの男性が見つけ、養老署に届けた。調べでは遺体の男性は60~70歳く
らいで身長156センチの中肉。白髪交じりの短髪で黒色ジャンパーに紺色スラックス姿だった。
死後1~2日とみられる。同署は自殺と見て身元を調べている。

・福島・飯舘村で102歳男性自殺 計画的避難を苦にしての自殺か

・茨城県常陸大宮市山方の「密蔵院」で、
母屋に住む元住職、平岡純照さん(56)と妻、千賀子さん(52)が
死亡しているのを、住職(32)が発見し110番した。

 大宮署によると、純照さんは和室で首をつった状態。千賀子さんは
別室の布団の中で倒れており、首をひも状のもので縛られていた。

 純照さんが無理心中を図った可能性があるとみて調べている。

・大手電機メーカー「NEC」(東京都港区)の特別顧問で元社長、西垣浩司さん(72)が
 2日夕、東京都練馬区の自宅で首をつった状態で発見され、搬送先の病院で
 死亡したことが分かった。目立った外傷や室内に第三者が侵入した形跡はなく、
 警視庁石神井署は西垣さんが自殺したとみて調べている。

 石神井署によると、西垣さんは自宅で妻(69)と2人暮らし。2日夕に外出先から
 帰宅した妻が、シーツを使って首をつっている西垣さんを発見し、110番した。
 窒息死とみられる。遺書は発見されていないという。

 西垣さんは最近、健康状態に不安があり、近く入院する予定だったといい、石神井署が
 関連を調べている。

 西垣さんは東京都出身で、1961年に東大経済学部を卒業し、NECに入社。
 99年3月から4年間、社長を務め、半導体事業の分社化や本社ビルの証券化など
 経営改革を進めた。03年3月〜04年6月は副会長。08年4月〜昨年6月は
 独立行政法人・情報処理推進機構理事長を務めた。

・長野県軽井沢町のホテルから、県警軽井沢署に「宿泊客と連絡が取れない」と通報があった。
署員と従業員が部屋に入ったところ、天井の梁(はり)から男性が首をつって死んでいるのを発見した。
同署は部屋に宿泊していた歌手の加藤和彦さん(62)とみて身元の確認を急いでいる。

同署によると、部屋には遺書のようなメモがあり、目立った外傷はないという。自殺とみて調べている。

加藤さんは65年に結成した「ザ・フォーク・クルセダーズ」のリーダーとして活躍。
「帰ってきたヨッパライ」が大ヒットし、バンド解散後、72年に「サディスティック・ミカ・バンド」を結成した。
作曲も手がけた「あの素晴しい愛をもう一度」はミリオンセラーとなった。



・高齢者襲う孤独・貧困
全日本民医連
2万人実態調査

--------------------------------------------------------------------------------

 全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)が十五日に発表した高齢者実態調査(二万人)などから、高齢者をおそう孤立と貧困の深刻な実態が明らかになりました。孤独死に追い込まれているケースも多くありました。


--------------------------------------------------------------------------------

貧困 月収10万円未満4割
 調査は、高齢者の生活の厳しさを示しています。本人の月収入のうち40%が十万円未満でした。まったく収入がないが5・3%、一―五万円未満が12%、五万―十万円未満が22・7%となっています。(表)

 おもな収入は、公的年金がもっとも多く、うち国民年金が22%を占めていました。低い国民年金が高齢者の収入の低さにつながっています。4%は無年金でした。

 この結果、35・7%が生活が「大変苦しい」「やや苦しい」と訴えています。しかも42・7%がここ四―五年のうちに暮らし向きが悪化したと感じていました。二〇〇六年に実施された国保・介護保険料の引き上げなどが大きく影響し、生活費を一段と切り詰めている様子がわかります。

 切り詰めている生活費の上位は衣服費、食費、教養・娯楽費となっていました。

 四割が健康状態の不調を訴え、外出や仕事・家事の障害となっています。収入が低いほど不調を訴える割合が多くなり、介護保険改悪による自己負担増で利用を制限したり、施設を退所したりするなど深刻な事態を招いていました。

e0009760_11283276.jpg



負担 医療・介護難民生む
 同日、全日本民医連が発表した孤独死実態調査は、高齢者の貧困、孤立が孤独死という痛ましい事例につながっていることを明らかにしています。

 調査は、〇六年一―九月までに全国の事業所で経験した孤独死の事例について報告を求めたもの。九十九例の報告がありました。

 このうち六十歳以上は七十八人で、五十四人が男性でした。死因は病死が五十八人。通院状況は、通院中五十三人、中断二十五人などでした。

 東京都監察医務院によると東京都の一人暮らしの死亡は、〇二年の三千八百五十八人から〇五年には四千七百二十九人に増加。〇五年の死因は病死三千二百八十四人、自殺六百四十七人などとなっています。

 調査は、孤独死が増える原因について、医療制度と介護保険の改悪によって自己負担が国民年金を超えるものになり、療養難民、介護難民をつくりだしていることなどにあると指摘しています。

 孤独死を予防するために国・自治体に生存権を保障するセーフティーネットづくりを求めるとともに、民医連としても介護サービスとの連携や「気になる患者訪問」を強めていくとしています。

孤立 「外出しない」3割も
 調査は、高齢者が貧困によって外出をはじめ社会的活動を抑制させ、孤立していく実態を明らかにしています。

 回答した高齢者の32%が「ほとんど外出しない」「まったく外出しない」と答えています(表)。

 理由は「身体の具合が悪い」「特にいくところがない」をあげています。

 近所とのつき合いが「ない」と答えた人は11%、「会ったときあいさつする程度」は21・5%です。収入が低い人ほど「外出なし」と答えています。月五万円未満では40・4%が「外出なし」でした。「外に出かけると金がかかる」と回答しています。医療保険未加入、生活保護、無年金者のそれぞれ四割強が「外出なし」でした。

 回答した高齢者の61・2%は自分や家族の健康、外出時の転倒事故、収入が足りない―など日常生活で心配ごとが「ある」と答え、81・2%が将来の不安を抱え、10・2%は相談相手が「いない」と答えています。

e0009760_11294163.jpg



--------------------------------------------------------------------------------

 調査は65歳以上の医療生協組合員、友の会員(入院・入所者は除く)7万人を対象に、職員が訪問し聞き取り、2万769人の実情を集約しました。62%が女性。一人暮らし25.4%、夫婦のみ世帯30.7%でした。

by momotaro-sakura | 2011-06-23 11:09 | ブログ