“節電”に貢献する太陽光発電をマンガで分かりやすく解説

“節電”に貢献する太陽光発電をマンガで分かりやすく解説
住宅用太陽光発電システムが分かるマンガ冊子『子どもたちへの贈り物。』発刊

e0009760_14163576.jpg



発表日:2011年06月27日

京セラ株式会社の国内販売子会社である株式会社京セラソーラーコーポレーション(社長:財部 行廣)は、このたび、節電意識が高まる日本国内で注目されている住宅用太陽光発電システムについて、マンガで分かりやすく解説した冊子『子どもたちへの贈り物。』(初版10万部)を発刊します。全国の京セラソーラーFC店やイオンショッピングセンターなど、京セラ製住宅用太陽光発電システムの取扱い窓口に、2011年7月1日(金)より順次設置しますのでお知らせいたします。



住宅用太陽光発電が分かるマンガ冊子『子どもたちへの贈り物。』

現在、夏場の電力不足への懸念から、全国的に節電の取組みが加速しています。住宅用太陽光発電システムは、家庭内での節電効果はもちろん、余剰電力を電力会社に売ることで昼間の電力供給にも貢献できるとして注目が高まっており、国や地方自治体の補助金申込み受付件数も好調に推移しています。
興味はあるけど太陽光発電のしくみや補助金制度、余剰電力の買取制度については難しくてよく分からないという一般の声に応え、改めてこれらの情報をマンガで解説することで、消費者の方に理解を深めていただこうと考え、このたびの発刊に至りました。
当社は、このマンガを通して認知を促進することで、住宅用太陽光発電システムのさらなる普及に貢献してまいります。

■マンガ発刊の詳細 タイトル
『子どもたちへの贈り物。』

発刊日
2011年7月1日(金)

設置店舗
全国の京セラ製住宅用太陽光発電システム取扱い窓口
(京セラソーラーFC店、イオンショッピングセンターなど)

発刊部数
10万部(初版)

サイズ
B5サイズ、16頁
by momotaro-sakura | 2011-06-28 14:16