「15%節電」電力使用制限令37年ぶりきょう発動

15%節電」電力使用制限令37年ぶり(第1次石油危機の1974年に発動されている。)
きょう発動(07/01 05:50) テレ朝

 夏場の電力不足に対応するため、政府は東京電力と東北電力の管内で15%の節電を強制する電力使用制限令を37年ぶりに発動します。

 強制の対象となるのは、契約電力が500キロワットを超える大口の利用者で、故意に違反した場合には最大で100万円の罰金が課されます。また、政府は、供給力に占める需要の割合が97%以上になることが予想された場合、需給ひっ迫警報を発令します。さらに99%を超える予想となった場合には、原則として実施しないとしている計画停電に踏み切ることにしています。
 家庭での節電を促す動きもスタートします。東京電力と東北電力の管内で経済産業省の節電サイトに登録すると、去年7月から9月の自宅の電力使用量が表示されます。そして、15%の節電を達成すると、抽選でテレビやデジタルカメラなどの景品を受け取ることができます。東京電力は、電力の使用状況を5分ごとに公表する「でんき予報」を1日からスタートし、節電を呼びかけます。

by momotaro-sakura | 2011-07-01 08:39