神葬祭の新盆

神葬祭の新盆
神葬祭の新盆(霊祭)。霊祭(れいさい)は故人を偲び御霊のやすらぎをお祈りする御神事です。

【毎十日祭(まいとおかさい)】
○十日祭
○二十日祭
○三十日祭
○五十日祭 ⇒ 仏式の49日に該当して、納骨、忌明けとなります。
○百日祭

【新盆祭】

【年祭(ねんさい)】
○一年祭
○三年祭
○五年祭
○十年祭
○二十年祭
○三十年祭
○四十年祭
○五十年祭

【春彼岸・秋彼岸・盆】
上記の儀式をすべて霊祭(みたままつり)と申しますが、中でも「五十日祭」「新盆祭」「一年祭」は特別に重要な祭です。

神道の教えでは、故人の新しい霊(みたま)は、まだ、霊として安定しておりません。一年祭を終えた霊になり、ようやく安定し氏神として、家内や子孫をお守りくださると考えられています。

時期によっては、五十日・百日が新盆に近かったり、葬祭がお盆の直後い当たることもありますから、霊祭については、神社に問い合わせて御相ください。

一年祭は亡くなってから「満一年」で執行いたしますが、「三年祭」以降は全て「数え年」で行われますから、「一年祭」を行った翌年に三年祭を行うことになりますよ。

春と秋に行われる二季の霊祭は、「春分の日」と「秋分の日」に先祖累代の祖霊に対し、子孫である我われが、追慕追遠の誠心を捧げる御神事です。

さらには、祖霊の御加護をお祈りする祭りでもあります。
お盆の霊祭は、彼岸の二季の霊祭とは違って、迎え火を焚き、霊を家にお迎えしてお祭りいたします。

その後の年祭は、ご命日の祭となり、死去日と同じ日に故人を追慕するものです。近年では、その前後の日で家族や親族の方が参列しやすい日に行われることが多いようです。


五十日祭を終えた翌日には、神棚・祖霊舎の白紙をはずし、この日から忌明け(きあけ)となりますから、神棚や祖霊舎への奉仕、神社の参拝など平常どおりに戻ります。

なお、五十日祭(または、埋葬)までは、仮霊舎(祭壇)はお祀りします。  




無宗教葬

--------------------------------------------------------------------------------
故人の遺志や遺族の希望により、特定の宗教によらない無宗教の葬儀が行われる事があります。 ■案内状 無宗教での葬儀を行うことが決まったら、参列者にどういう形態で行うのかをはっきりと通知することが必要です。
案内状には、無宗教での葬儀であることを明記しておきます。
■葬儀のポイント 無宗教葬では、宗教が全く関与していないため、僧侶や神官、牧師等の宗教者はいませんし、焼香などの宗教儀式もありません。
このため、読経や焼香の代わりに喪家独自の式を行います。一般的には、焼香の代わりに献花を行い、祭壇は生花の祭壇で行われています。
 
by momotaro-sakura | 2011-07-03 12:01