震災後の内定取り消し、416人に=東北3県は233人-厚労省

震災後の内定取り消し、416人に=東北3県は233人-厚労省
 厚生労働省は8日、東日本大震災の発生後に内定を取り消された学生・生徒数(6月末までの累計)が416人に上ったと発表した。5月25日時点に比べ54人増えた。震災で深刻な被害が出た岩手、宮城、福島の3県は計233人で48人増えた。厚労省は「震災から4カ月近くたち、内定取り消し状況は落ち着きつつある」とみている。
 一方、入社延期になった全国の学生・生徒数(同)は2366人(被災3県は計848人)で、1カ月で134人増加した。(
2011/07/08-20:04)

--------------------------------------------------------------------------------
by momotaro-sakura | 2011-07-08 20:31