松平 親氏(まつだいら ちかうじ、生没年不詳)松平氏・徳川氏の始祖とされている人物

松平 親氏(まつだいら ちかうじ、生没年不詳)は、室町時代初期、14世紀後半頃の三河国の武将で、江戸時代に作成された系譜において松平氏・徳川氏の始祖とされている人物である。



系譜によると、親氏は清和源氏の新田氏の支族で、南北朝時代の争乱で南朝方について没落した世良田氏(得川氏)の一族で、世良田有親の子とされている(文献によっては、「世良田親氏」「得川親氏」と表記されることもある)。

親氏は関東(あるいは信濃国浪合村)で鎌倉公方(あるいは斯波氏)の軍勢に敗れ、足利氏の追捕を避けるために父・有親とともに相模国の時宗総本山清浄光寺に入って出家し、徳阿弥(とくあみ)と称したとされる。「乞食僧」「一種の賤民」と表現される場合もある[1]。

徳阿弥は部下の石川孫三郎を従えて[2]諸国を流浪し、三河国加茂郡松平郷に流れ着き、在原氏あるいは賀茂氏の血筋を引く同地の領主松平信重(太郎左衛門少尉)の客人となった。信重は徳阿弥の和歌に通じた教養と武勇を評価して婿養子としたので、徳阿弥は還俗して松平三郎親氏(次郎三郎とも)と名乗ったという。
松平郷領主となった親氏は、郷敷城を築き、嫡子(兄弟説[3]もある)とされる泰親と協力して「中山七名」と呼ばれる近隣の領主たちを滅ぼし、勢力を拡大して戦国大名松平氏の基礎を築いた。

親氏は武芸に通じ、教養があり、信仰と慈悲の心が深かったという。領内に菩提寺となる高月院を初めとして多くの寺社仏閣を建立し、貧しい領民には援助を惜しまなかった。

しかし、上述したような親氏の出自と事歴については後世の徳川氏・松平氏の主張によるものに過ぎず、証拠となる史料は無く、伝説の域を出るものではない。松平氏創業の二代、親氏と泰親は同時代の史料にその名を見出すことができず、実在を疑う説もある。

生没年の問題 [編集]親氏の生没年には諸説あり、定説の段階までには至っていない。地元の松平町(豊田市)の伝承では明徳4年(1393年)頃に没したとされており、平成5年(1993年)に親氏の没後600年を記念して、豊田市によって「親氏公600年祭」が行われた。一方史料上の没年には、康安元年(正平16年、1361年)説(「法蔵寺由緒」・「大樹寺記録」・「奥平家記録」)、応永元年(1394年)4月20日説(『三河海東記』)、同20年(1413年)説(「信光明寺縁起」)、同28年(1421年)説(「参陽松平御伝記」)、同35年(1428年)説(『東栄鑑』)、永享9年(1437年)説(「瀧村万松寺系図」「梁山妙昌寺位牌」)、康正2年(1456年)説(『大三河誌』)、応仁元年(1467年)4月20日説(『徳川諸家系譜』)がある。生年には永仁6年(1298年)説(「大樹寺記録」)もある。

末裔・墓所 [編集]また、のちに松平氏の重臣となる酒井氏の系譜によると、同氏の始祖酒井広親は、親氏が松平氏を継ぐ以前に三河国碧海郡酒井村の領主の婿となって生んだ子であるという。この説に従えば酒井氏は松平氏の同族ということになる。

親氏の墓は愛知県豊田市松平町の高月院にある。

脚注 [編集]1.^ 高山秀夫『江戸から東京へ 物語でつづる部落の歴史』p.5(文理閣、1977年)
2.^ 『称名寺略記』および『遊行・藤沢両上人御歴代系譜』。同行者として石川孫三郎の名がみえる。
3.^ 『遊行・藤沢両上人御歴代系譜』において親氏が兄、泰親を弟としている。

by momotaro-sakura | 2011-07-12 16:25