国民年金の保険料納付率、60%割れ国民年金納付率の推移

国民年金の保険料納付率、60%割れ国民年金納付率の推移
e0009760_730432.jpg


 国民年金の保険料納付率が初めて60%を割り込んだ。厚生労働省が13日公表した2010年度分の納付率は59.3%で、前年度より0.7ポイント低下。過去最低を更新した。収入が少ない非正規労働者が増えたことや、年金制度への不信感が背景にあるとみられる。

 納付率は、加入者が納めるべき保険料の総額のうち実際に納められた割合で、低所得のため免除や猶予された分は除く。納付率が下がるのは5年連続。とくに若い世代が低く、20代後半が46.6%、20代前半が49.2%、30代前半が50.9%だった。

 10年度末の加入者は1938万人で、うち未納者は321万人。ほかに未加入者が9万人いる。未納分は年金の支給額に反映されないので年金財政にはほとんど影響しないが、老後に低年金や無年金になる人が増える可能性がある。
アサヒコム
by momotaro-sakura | 2011-07-14 07:28