日経平均終値8944円…5か月ぶり9千円割れ

日経平均終値8944円…5か月ぶり9千円割れ

 9日の東京株式市場は、前日の米株式市場での暴落を受け、リスク回避の動きが強まったことから、幅広い銘柄が売られ、日経平均株価(225種)は、一時、前日終値比440円77銭安の8656円79銭まで下落した。


 その後はやや買い戻す動きも出て、終値は153円08銭安の8944円48銭だった。終値で9000円を割り込んだのは、3月17日以来、約5か月ぶりになる

 東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は12・47ポイント低い770・39ポイントだった。東証1部の出来高は約33億1900万株。

 東京電力株は売り買いが交錯し、前日終値比横ばいの389円で取引を終えた。
(2011年8月9日15時18分 読売新聞)
by momotaro-sakura | 2011-08-09 16:52