首相退陣、月内にも正式表明…3条件整う公算

首相退陣、月内にも正式表明…3条件整う公算
読売新聞 8月10日(水)3時1分配信
 民主、自民、公明3党は9日、民主党政権公約(マニフェスト)の主要政策見直しについて合意した。

 これを受け、菅首相(民主党代表)が掲げた「退陣3条件」のうち、最大の焦点となっていた特例公債法案は11日に衆院を通過し、月内に成立することが確実となった。再生可能エネルギー特別措置法案も今月31日までの会期内に成立する方向で、既に成立した2011年度第2次補正予算と合わせて首相の「退陣3条件」は月内に整う見通しとなった。首相は9日夜、記者団に、退陣3条件が整えば退陣するのかと聞かれ、「これまで自分が言ってきたことについては、ちゃんと責任を持つ」と述べた。首相が月内に退陣を明言するとの見方が強まってきた。
.最終更新:8月10日(水)3時1分


◎民主「魂」売っても菅降ろし

 菅直人首相(64)の退陣条件3法案の中で、難航必至とみられた公債発行特例法案が9日、今国会での成立が確定的になった。早期退陣を目指す民主党執行部が、「魂」ともいえる主要政策の見直しで自公両党と合意。退陣条件は再生エネルギー特別措置法案だけになった。菅首相は、条件が整えば辞任する意向をあらためて示したが、本当に辞める気があるのか。執行部は28日にも代表選を実施したい意向だが、党の看板を下ろした代償は、あまりにも大きい。

 「菅首相の早期退陣」という目的達成だけのため、民主党の岡田克也幹事長は自民、公明両党と手を結び、党の主要政策見直しで合意した。09年衆院選マニフェストで、既に見直しで合意した子ども手当に続き、高速道路無料化は事実上の撤回で大幅後退。高校無償化、農家の戸別所得補償も見直し対象になった。「党の魂を守る最後の砦」(関係者)といわれ続けた「3K」の壁は、あっさり崩れ去った。
 政権交代の原動力となった公約の見直しは、自らの否定につながり、民主党に対する有権者の信頼失墜は避けられない。しかし、岡田氏は「力ずく」(党幹部)と周囲が危ぶむほど、前のめりで協議を進めた。ともに交渉に当たった玄葉光一郎政調会長は、子ども手当見直しで党内から大きな批判を浴びた経緯から、これ以上の譲歩はできないと主張。合意後、「さんざん要求したのに(岡田氏は)1行も変えてくれなかった。ネゴ(交渉)下手だ。あんな文書は認めない」と激怒。執行部内の信頼関係も崩壊した。

 難航必至とみられた公債発行特例法案は、今日10日の衆院財務金融委員会で採決、11日に衆院を通過、今月下旬に成立する見通し。これで菅首相が掲げた3つの退陣条件のうち、残りは再生エネルギー特別措置法案だけ。首相の意向は別として、退陣→ポスト菅選びの流れが加速してきた。

 菅首相は9日夜、「よかったね」「これまで自分の言ったことには、ちゃんと責任を持つ」と述べた。こわばり続けた表情は、いつもよりスッキリしていた。ただ、相手を陥れてでも居座る道を模索してきた菅首相。「辞める」とは、この日も口にしておらず、真意をいぶかる向きもある。

 「(首相は)お辞めになります」。辞めてもらわなければ自分に火の粉が飛ぶ岡田氏は28日にも代表選を行い、31日までの今国会中に新首相を選出したい考えだ。首相退陣カードと引き換えに失ったものは、あまりにも大きい。何でもありの様相をみせてきた民主党政権。もうボロボロだ。

 [2011年8月10日8時57分 日刊スポーツ紙面から]
by momotaro-sakura | 2011-08-10 10:12