やるべきことやった=退陣後も「脱原発」へ努力―首相


やるべきことやった=退陣後も「脱原発」へ努力―首相
2011年 8月 26日 16:10
菅直人首相は26日午後、正式に退陣表明した民主党両院議員総会で、1年3カ月の政権を振り返り「厳しい環境、厳しい条件があったが、私自身はやるべきことをやった」と自賛した。

 後継を選ぶ党代表選をめぐっては、「自由に議論し、一つの方向性を出したときは、それを協力して進めていく。そういう党風を再構築してほしい」と訴えた。

 自らが掲げた「原発に依存しない社会」に関しては、「一政治家として、あるいは一市民として(実現へ)頑張っていきたい」と語った。 

[時事通信社]

by momotaro-sakura | 2011-08-26 17:17