【菅首相退陣】「親米派」前原氏に期待感 米政府


【菅首相退陣】
「親米派」前原氏に期待感 米政府
2011.8.26 15:32
民主党役員会に向かう菅首相。同役員会で退陣表明した=26日午後、国会
 米政府は、菅直人首相の退陣表明については織り込み済みとして冷静に受け止めているが、日本で短命内閣が続き政治情勢が一向に安定しないことに「重要問題で先送りが続く」(日米関係筋)と懸念を募らせている。

 菅氏へは、鳩山前政権時代に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題でぎくしゃくした日米関係の修復を図ったとして評価する声もある。ただ、普天間飛行場の県外移設を求める沖縄側と日本政府の話し合いは遅々として進まない。

 軍事、経済両面で存在感を強める中国に対抗するためにも、米国にとって「日本政治の安定は不可欠」(米政府筋)。後継候補の中では、米国に人脈を持つ前原誠司前外相が「親米派」として期待感が強い。一方で他の候補は米政府内の知名度は高いとはいえない。(共同)

by momotaro-sakura | 2011-08-26 17:20