幹事長に川端、鹿野氏ら浮上 党役員人事に着手

幹事長に川端、鹿野氏ら浮上 党役員人事に着手
2011.8.30 08:00 産経ニュース
 民主党の野田佳彦新代表は29日、党役員・閣僚人事に着手した。幹事長には川端達夫衆院議院運営委員長、代表選を戦った鹿野道彦農水相らの名前が挙がっている。党内融和の観点から小沢一郎元代表に近い輿石東参院議員会長を推す声もある。野田氏の選対顧問を務めた岡田克也幹事長は重要閣僚に起用される見通しだ。

 川端氏は官房長官の可能性もある。就任間もない平野達男震災復興担当相、細野豪志原発事故担当相の留任も有力視されている。

 野田氏は29日午後、就任の記者会見で、人事に関し「私なりの構想はある。なるべく早く発表したい。トータルとして党を挙げた態勢を作っていく」と述べ、早急に挙党態勢を構築する方針を示した。同日夜には岡田氏と会談し、人事について協議した。政調会長も含め党執行部人事は30日に決定する。

 野田氏は会見で、マニフェスト(政権公約)見直しに関する自民、公明両党との合意を「誠実に守る」と語った。自公両党との大連立については「視野に入れる」とした。

 早期の衆院解散・総選挙に関しては「今は政治空白を作れる状況でない。解散はそもそもできない」としながらも、「首相の解散権を縛る話ではない。いろいろなことが起きれば、解散はありうる」と述べた。

 早急に東日本大震災被災地を訪問する意向も表明。沖縄の米軍普天間飛行場を県内に移設する日米合意を踏襲する考えを示した。





<民主代表選>野田首相、30日指名 幹事長に鹿野氏ら浮上

2011年8月30日 01時14分
(2011年8月30日 01時23分 更新) 毎日JP



民主党の新代表に決まり、周囲の拍手に応える野田佳彦氏=東京都内のホテルで2011年8月29日午後2時34分、津村豊和撮影

 菅直人首相の後継を決める民主党代表選は29日、東京都内のホテルで開かれた両院議員総会で投開票され、新代表に野田佳彦財務相(54)を選出した。野田氏は第1回投票で2位にとどまったが、上位2人による決選投票の結果、小沢一郎元代表の支持を得た海江田万里経済産業相(62)を破り、逆転勝利した。菅内閣は30日午前に総辞職し、同日午後の衆参両院本会議で野田氏が第95代、62人目の首相に指名される。

 野田氏の代表任期は菅前代表の任期が残る12年9月までとなる。野田氏は30日に幹事長などの党役員人事を行いたい考えで、野田内閣の組閣は9月2日以降になる見通し。焦点の幹事長人事では、決選投票で野田氏を支持した鹿野道彦農相(69)のほか、旧民社党系グループの川端達夫前文部科学相、海江田氏を支持した輿石東参院議員会長を起用する案などが検討されている。岡田克也幹事長は入閣の方向。

 野田氏は新代表に選出直後のあいさつで「ノーサイドにしましょう、もう。同志みんなが汗をかく態勢を早急に作り出していきたい」と述べ、挙党態勢作りを急ぐ考えを強調。党役員人事については新代表就任後の会見で「一日頭を整理して、なるべく早い段階で発表したい。ポイントとなるのは幹事長人事だ」との認識を示した。

 これに対し、小沢元代表は29日、グループの会合で「野田氏を支援したいが、態勢次第だ。言葉だけの挙党態勢かどうか見極めないといけない」と述べ、野田氏をけん制した。

 民主党代表選には野田、海江田、鹿野3氏のほか、前原誠司前外相(49)、馬淵澄夫前国土交通相(51)を加えた過去最多の5人が立候補した。有権者は党員資格停止処分を受けた小沢元代表ら9人を除く党所属国会議員398人。横路孝弘衆院議長、西岡武夫参院議長、松本龍前復興担当相の3人が棄権した。

 第1回投票の結果は、(1)海江田氏143票(2)野田氏102票(3)前原氏74票(4)鹿野氏52票(5)馬淵氏24票。有効投票のうち、当選に必要な過半数を獲得した候補はおらず、海江田、野田両氏による決選投票で、野田氏が215票を獲得し、177票の海江田氏を退けた。

 第1回投票で2位だった野田氏に対し、決選投票で鹿野陣営が支持に回った。野田、前原両陣営は事前に決選投票での連携を確認しており、「2、3、4位連合」が逆転勝利につながった。民主党代表選で、第1回投票で2位の候補が決選投票で逆転したのは初めて。
 
  自民党総裁選でも1956年に石橋湛山氏が「2、3位連合」で岸信介氏を破った例があるだけで、政権与党の代表選では異例の結果となった。【西田進一郎】
by momotaro-sakura | 2011-08-30 09:06