野田新代表にとって絶対に失敗が許されないのが、幹事長ポストと閣僚人事

ANNニュース
野田新代表にとって絶対に失敗が許されないのが、幹事長ポストと閣僚人事です。小沢グループをはじめ、反主流派との融和をどう図るのでしょうか。

 (政治部・千々岩森生記者報告)
 野田新代表は、30日午後から党執行部人事に着手します。その後、閣僚人事に移り、組閣は来月1日ごろとみられています。
 民主党・野田新代表:「党内人事についてはかなり頭の整理ができましたので、きょうの午後あたりからいろいろと着手していきたい。組閣については、その後、それぞれ急がないといけないとは思いますが、しっかりタメを作って拙速にならないようにしたい」
 焦点の幹事長ですが、小沢元代表に近い参議院の輿石会長が有力で、川端元文部科学大臣を推す声もあります。小沢グループからも「川端さんなら良い」との声が出ています。また、国対委員長には、野田氏側近の藤村幹事長代理の名前が出ているほか、岡田幹事長や玄葉政調会長を財務大臣など重要閣僚で処遇する案も浮上しています。頭を低くし、野党に協力を求める姿勢の見える執行部人事となりそうです

by momotaro-sakura | 2011-08-30 12:52