第95代首相に野田氏 新内閣2日にも発足


第95代首相に野田氏 新内閣2日にも発足



 民主党の野田佳彦新代表(54)は30日午後、衆参両院本会議での首相指名選挙で菅直人首相の後継となる第95代、62人目の首相に選出された。新内閣は9月2日にも発足する見通しだ。国民新党との連立を継続し、当面は東日本大震災からの本格復興に向けた2011年度第3次補正予算案の成立や、東京電力福島第1原発事故の収束に全力を挙げる。

 参院で野党が多数を占める「ねじれ国会」に伴う国政停滞の打開に向けて、自民、公明両党との協調態勢を築けるかが課題となる。菅内閣は午前の閣議で総辞職した。

 9月11日には首相就任後初の大型選挙となる岩手県知事選が投開票される。


2011/08/30 14:14 【共同通信】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野田氏を首相指名 幹事長は川端氏有力 両院本会議
2011.8.30 14:20 産経ニュース


衆院本会議の首相指名選挙で選出され一礼する民主党の野田佳彦代表=30日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)
 民主党の野田佳彦新代表(54)は30日午後、両院本会議での首相指名選挙で菅直人首相の後継となる第95代、62人目の首相に選出された。新内閣は9月2日にも発足する見通し。野田氏は同日午前も党役員と閣僚人事の調整を続けており、幹事長には川端達夫衆院議院運営委員長が有力視されている。

 焦点となっている幹事長など党役員人事について、野田氏は30日午前の財務相としての記者会見で「頭の整理ができた。幹事長などの骨格を本日決めたい」と述べ、30日中に骨格を決める意向を表明。組閣に関しては「急がなければならないが、拙速にならないようにしたい」と語った。

 閣僚を兼務している党政調会長について「兼務しないほうがいい」と指摘。事実上、政府の政策決定を追認するだけの政策調査会に、政策決定に関する権限を持たせる考えも示した。

 党役員、閣僚人事については、党内融和の観点から代表選で海江田万里経済産業相を支持した小沢一郎元代表系の議員も処遇する方針。野田氏は30日午前、小沢氏に近い輿石東参院議員会長と会談し、協力を要請した。野田氏の選対顧問を務めた岡田克也幹事長は重要閣僚として起用される見通しだ。

 野田氏は、国民新党の亀井静香代表とも国会内で会談して連立継続を確認。組閣に先立ち、自民、公明両党など野党に政策協議を呼びかける方針。当面は自公両党との協調路線を掲げ、東日本大震災からの本格復興に向けた平成23年度第3次補正予算案の早期編成と成立に全力を挙げる。

 一方、自民、公明両党の幹事長、国対委員長は30日朝、都内のホテルで会談し、次期臨時国会を9月9日に召集すべきだとの認識で一致した。野田氏は来月12日の召集を検討している。

by momotaro-sakura | 2011-08-30 15:47