総務副大臣に黄川田氏=野田内閣が本格始動へ

総務副大臣に黄川田氏=野田内閣が本格始動へ

 政府は5日午後に臨時閣議を開き、野田内閣発足に伴う各府省の副大臣人事を決定する。

内閣府に石田勝之、総務に黄川田徹、法務に滝実、外務に山口壮と山根隆治、文部科学に奥村展三と森裕子、国土交通に奥田建、環境に横光克彦、防衛に渡辺周の各氏の起用が内定。財務の五十嵐文彦、農林水産の筒井信隆両氏の再任に加え、藤田幸久・財務、岩本司・農水両副大臣の新任も固まった。
 各副大臣はこの後、皇居での認証式を経て正式に就任。政務官人事の決定も踏まえ、野田内閣が本格始動する。
 野田佳彦首相は同日午前、宿泊先のホテルを出る際に記者団に心境を問われ、「頑張ります」と語った。
 首相は3、4の両日、藤村修官房長官や民主党の輿石東幹事長らと人事をめぐり協議。党役員人事では中野寛成前国家公安委員長の常任幹事会議長就任と、直嶋正行副代表兼両院議員総会長の再任が固まった。平野博文国対委員長を補佐する国対委員長代理には、松本剛明前外相と加藤公一元首相補佐官を充てることが内定した。
 (2011/09/05-13:46)時事ドットコム
by momotaro-sakura | 2011-09-05 15:36