琴奨菊は殊勲賞と技能賞、秋場所三賞決まる 

琴奨菊は殊勲賞と技能賞、秋場所三賞決まる 



 大相撲秋場所の三賞選考委員会が25日、東京・両国国技館の記者クラブで開かれ、大関昇進を決めた琴奨菊が殊勲賞(5度目)と技能賞(4度目)を受賞した。殊勲賞に稀勢の里(3度目)、敢闘賞に臥牙丸(初)をそれぞれ選出した。
 琴奨菊は白鵬に2場所連続で勝利し、優勝争いで千秋楽まで白鵬と2敗で並走。大関とりと合わせ大いに場所を盛り上げた。稀勢の里は全勝だった白鵬に土をつけたこと、臥牙丸は大関初挑戦で把瑠都を撃破したことが評価された。


(2011年9月25日)ディリースポーツ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
V20の白鵬、琴奨菊に「大きな大関になって」


優勝から一夜明け、記者会見に臨む白鵬(東京・墨田区の宮城野部屋で)=三輪洋子撮影
 大相撲秋場所で史上6人目となる20度目の優勝を飾った横綱白鵬(26)が千秋楽から一夜明けた26日、東京都墨田区の宮城野部屋で記者会見を開いた。

 優勝20度という大台には、大鵬や千代の富士、貴乃花ら、歴代の名横綱が名を連ねる。白鵬も「そうそうたる方々の中に入り、たどり着いたという達成感がある」と感慨深げに話した。

 12、13日目に稀勢の里、琴奨菊に連敗したが、「両関脇には、一つ、二つ上の番付に上りたい強い気持ちがあった」と2人をたたえた。

 九州場所(11月13日初日・福岡国際センター)では、大関昇進を確実にした琴奨菊が地元に凱旋
がいせん
する。「大きな大関になり、素直で愛される存在になってほしい」とエールを送っていた。


(2011年9月26日13時08分 読売新聞)
by momotaro-sakura | 2011-09-25 14:24 | ブログ