セシウム吸着繊維、LED

【セシウム吸着繊維、LED】
千葉大学、10月28日にTLO主催特別講演会を開催。講演テーマはセシウム吸着繊維の開発とLEDが拓く新しい光産業ビジネス


CTIWEBより抜粋
2011年 10月 14日(金曜日) 15:57


 千葉大学技術交流会(千葉大TLO)では、10月28日に開催する特別講演会の参加申込を受け付けている。詳細は下記の通り。
【日時・場所】
日時:平成23年10月28日(金) 16:00~17:20
場所:千葉大学けやき会館3階レセプションホール
地図URL:http://www.chiba-u.ac.jp/campus_map/nishichiba/index.html
JR西千葉駅下車 駅より西千葉キャンパス南門まで徒歩約2分
南門からけやき会館まで徒歩5分

【講演内容】
(1)「接ぎ木重合法によるセシウム吸着繊維(SF-ガガ)の開発」 (16:00-16:30)
千葉大学大学院工学研究科  斎藤 恭一 教授
 海水中のセシウムを高効率で吸着する繊維を開発。グラフト重合を用いてセシウムと結合する機能をナイロン繊維に持たせた。この技術を利用して海水中の放射線汚染物質を取り除くことができる。

(2)「LEDが拓く新しい光産業ビジネスと人材活用」 (16:35-17:20)
 CIS研究所所長(元シャープ) 山本 洋一 氏
 山本氏は33年間、シャープ(株)にてカラープリンター、液晶デバイスなどの研究開発に携わり、豊富な実績と経験を有している。今後の日本産業を担う若い世代の人たちに発光ダイオード(LED)などを例としてモノ作り産業の将来をどのように残し、展開して行くか講演する予定。

※その後、 レストラン・コルザにて交流会(17:30~18:45、会費 3,000円)を開催予定。

by momotaro-sakura | 2011-10-15 11:33