英語の次は新興国語 市場拡大、習得後押し東芝、最多は中国派遣 丸紅、社業離れて専念

日経ニュース
英語の次は新興国語 市場拡大、習得後押し東芝、最多は中国派遣 丸紅、社業離れて専念
公開日時2011/11/7 3:30 
メーカーや商社で、社員がロシアやブラジル、アジア諸国など新興国の言語を習得するのを後押しする動きが目立つ。企業が成長を維持するうえで世界各地の市場を開拓することがより重要になり、英語以外を使える人材を育てる必要があるためだ。キャリア形成に役立つと考える若手も、各社の制度を利用し新興国の言語に挑戦している。…

by momotaro-sakura | 2011-11-07 10:44