2カ月遅れ解禁、変わる就活 ネットで採用効率化

日経ニュース
2カ月遅れ解禁、変わる就活 ネットで採用効率化
企業・学生、手探りのスタート
公開日時 2011/11/30

 2013年春入社を目指す大学3年生の就職活動(就活)が12月1日から本格化する。経団連が倫理憲章を見直したため、例年より2カ月遅れの“解禁”となり、大手企業の採用説明会が短期間に集中する。みずほフィナンシャルグループや日立製作所が交流サイトを活用するほか、ソニーは説明会をネットで中継して効率化をはかる。景気の低迷で企業の採用意欲は急回復が見込みにくい。企業、学生双方にとって手探りのスタートとなる。

■ソニーは生中継



 12月1日は企業の採用サイトやリクルートの「リクナビ」など就職情報サイトが一斉に開設されて学生の登録受け付けが始まる。都内では有名企業が集まる大規模な合同説明会も複数開かれる。サイトへの登録や説明会の開始は2カ月遅れるが、実際の選考は例年通り翌年4月からとなるため、説明会などの「広報期間」が短くなる。

 企業は限られた期間で学生との接触機会を確保できるよう採用活動の見直しや効率化を急ぐ。第一生命保険は12月~来年1月の2カ月間に前の年の3倍近いペースで会社説明会を開く予定。NTT西日本は会社説明会の回数を前年の19回から13回に減らす一方で合計の定員数を3割増やす。

 ソニーは新卒採用サイトを使って説明会をインターネット経由でライブ中継する。12月中に事務系と技術系の就職希望者を対象にそれぞれ1日3回ずつ開催する予定。パナソニックも各種セミナーの「オンデマンド配信などを進める」方針だ。

 外国人の採用ではサントリーホールディングスが来年1月、東京で外国人向けの就職セミナーを初めて開く予定だ。

 交流サイト(ソーシャル・ネットワーキング・サービス=SNS)を活用した採用活動も本格化した。みずほは今年10月にフェイスブックを設けてグループを紹介。採用に関する情報を掲載することで、学生を採用ホームページに誘導している。日立は学生から寄せられた質問に若手社員が答える仕組みを近く始める。期間が限られるなか、学生との接点を増やす狙い。今年は合計400社以上がフェイスブックを活用しているもようだ。

by momotaro-sakura | 2011-11-30 13:32