塩こうじの作り方

塩こうじの作り方




大分県佐伯市。ここに塩こうじの火付け役になったお店があります。
江戸時代から続く麹専門店こうじ「糀屋本店」。

塩こうじの作り方
【送料無料】糀屋本店の塩麹レシピ




塩こうじは、こうじ(3)、塩(1)、水(4)の割合で混ぜて作ります。







●浅利妙峰さんの塩こうじの作り方




材料(作りやすい分量)

・米こうじ 300g

・塩 100g

・水 400ml




※乾燥した米こうじを使う場合は、水を500~600mlにしてください。







<作り方>

1 米こうじ(300g)を手でほぐし、こうじがほぐれたら塩(100g)を合わせる。




2 こうじと塩がよくなじむように、手で握り込むようにもみ込む。※握った時に固まりになるまでもみ続ける。




3 水(400ml)を加え、おかゆ状になるまで、ゆっくりと念入りに手の平ですり合わせる。




4 保存容器に移し、冬は10日間、夏は1週間を目安に常温で熟成させる。(1日1回かき混ぜること)




●ポイント

大切なのは1日1回かき混ぜること。空気に触れるとと甘味が出てうまみも増します。




5 こうじの粒が小さくなり、ほんのり甘い香りがしてきたら塩こうじの完成です。塩こうじは生きていますので保存は必ず冷蔵庫に入れてください。冷蔵庫で半年くらい保存可能です。


注・塩は半分の量が良いという人もいる。
by momotaro-sakura | 2012-01-27 14:00 | 健康管理/先端医療