<茨城竜巻>直撃でも家族全員無事 光ったそれぞれの判断

<茨城竜巻>直撃でも家族全員無事 光ったそれぞれの判断

2012年5月14日 12時53分 (2012年5月14日 13時18分 更新)毎日新聞




 6日の竜巻で甚大な被害を受けた茨城県つくば市北条地区で、店舗兼自宅が直撃を受け、屋根やガラス戸が吹き飛んだが、各自が瞬時の判断で身を守るなどして無事だった5人家族がいる。老舗の畳店経営、高津達夫さん(60)一家だ。達夫さんはカーテンの束で窓ガラスの破片を避け、妻は浴室に逃げ込んだ。専門家は「竜巻から逃げ切れない時は窓から離れて手近な物を防御に使ってほしい」と助言する。手本通りの対処が身を守った。

 リビングで昼食を済ませた6日午後1時前。外が薄暗くなり雨が降ってきた。ゴーと音も聞こえた。「飛行機か、低いな」。表通りに面したガラス戸を閉めると、2階から大学2年の長女(20)が階段を駆け下りてきた。

 「お父さん、竜巻が来ている」。「どこに」と聞き返すや否や、長女が叫んだ。「目の前!」

 達夫さんはとっさにカーテンの束の陰に隠れた。その直後、撃ち抜かれるようなドーンという音とともに、目の前をガラス片などが吹っ飛んでいった。長女はドアの陰に隠れて身を伏せた。妻の加代子さん(52)は風呂場に駆け込んだ。母親(90)と父親(94)は風の通り道にならなかった別室にいて、かすり傷一つ無かった。

 竜巻は大量のガラス片を巻き込みながら、一瞬で家を抜けた。屋根は吹き飛び、ガラス戸や窓が20枚近く割れたが、柱と壁は持ちこたえた。大工など職人仲間が応急修理に駆けつけ、一家は自宅で暮らしている。だが、仕事場は壁がずれて使い物にならない。

 各自がとっさの判断で身を守り無事だったことを、達夫さんは「まさに、てんでんこだね」と振り返る。東日本大震災で注目された各自勝手に逃げるという三陸沿岸の言い伝え「津波てんでんこ」だ。

 気象庁によると、竜巻本体は時速約60キロで移動し、竜巻の平均風速は50〜69メートルとみられる。防災科学技術研究所の鈴木真一主任研究員は「突風の進路から逃げられない時は頑丈な覆いに避難したり、雨戸、カーテンを閉めてガラス片の飛散を防ぎ、布団をかぶるなど手近な物で身を守ってほしい」と話す。【安味伸一】
by momotaro-sakura | 2012-05-15 06:38 | ブログ