群馬の産廃業者から流出か=委託元の会社に報告求める―利根川水系汚染・埼玉県

群馬の産廃業者から流出か=委託元の会社に報告求める―利根川水系汚染・埼玉県

2012年5月25日 12時04分時事通信社


 利根川水系の浄水場から基準値を超える化学物質ホルムアルデヒドが検出された問題で、原因物質のヘキサメチレンテトラミン(HMT)が、埼玉県本庄市の金属加工会社が廃液処理を委託していた群馬県高崎市の中間処理業者から流出した可能性があることが25日、埼玉県の調査で分かった。

 処理業者側は県の聞き取り調査に「(委託された際)HMTが入っているとは聞いていなかった」と話しているといい、県は同日、群馬県と連携し、金属加工会社に対して廃棄物処理法に基づく経過報告を求めた。

 県によると、金属加工会社は高崎市の処理業者2社にHMTの処理を委託。このうち1社はHMTを十分に分解できる設備がないのに、利根川支流の烏川に排出していたとみられるという。


ヘキサメチレンテトラミン (hexamethylenetetramine) は4個の窒素原子がメチレンによってつながれた構造を持つ複素環化合物である。ヘキサミン (hexamine) あるいは1,3,5,7-テトラアザアダマンタンとも呼ばれる。無色で光沢のある結晶もしくは白色結晶性の粉末である。

医療においては、膀胱炎、尿路感染症、腎盂腎炎の治療に用いられ、日新製薬からヘキサミン注「ニッシン」として販売されている。これは、ヘキサミンが尿内でホルムアルデヒドに分解し、尿が防腐性を持つことを利用したものである。

産業面では化学工業において樹脂や合成ゴムなどを製造する際の硬化剤として用いられる。

また、生物学の分類学や生態学の研究現場では、石灰質(リン酸カルシウムや炭酸カルシウム)によって硬化した硬組織を持つ、脊椎動物や甲殻類の標本をホルマリン固定で保存するときに用いることがある。ホルムアルデヒドは水溶液であるホルマリンの中で酸化して徐々にギ酸に変化するが、ヘキサメチレンテトラミンは水中でアンモニアとホルムアルデヒドに分解し、このアンモニアがギ酸を中和して標本の脱灰を防止する。通常ホルマリンの原液にヘキサメチレンテトラミンを飽和させ、これを3~5%に希釈して使用する。

EUでは使用許可食品添加物リストのE番号に保存料として掲載されており、チーズに添加されることがある。アメリカ合衆国、日本、オーストラリア、ニュージーランドでは食品添加物としては承認されていない。

RDX爆薬を製造する際の原料ともなる。1,3,5-トリオキサンと合わせて棒状に固めたものは、野外で使う固形燃料として用いられる
by momotaro-sakura | 2012-05-25 12:38 | ブログ