パナソニック、本社社員半減へ=数百人規模の早期退職も検討

パナソニック、本社社員半減へ=数百人規模の早期退職も検討

2012年5月29日 09時06分共同通信


 パナソニックが、本社の従業員約7000人について、配置転換や希望退職によって今年度中にも半減する方向で検討に入ったことが29日、分かった。数百人規模の希望退職に加え、分社化した各事業部門への機能移管で本社の合理化を進め、経営判断のスピードを上げる。同社は2012年3月期に連結純損益が過去最悪の7721億円の赤字を計上しており、立て直しの一環として本社のスリム化を断行する。

 削減対象は、国内の従業員約10万人のうち本社に所属する約7000人。内訳は事務部門が4000人、研究開発部門は2000人、生産技術部門1000人。今秋以降に早期退職を募る見通し

by momotaro-sakura | 2012-05-29 11:31 | ブログ