野田首相、参院審議に協力要請へ=民主、造反者への対応協議へ


野田首相、参院審議に協力要請へ=民主、造反者への対応協議へ

2012年6月27日 05時02分 時事通信社


 消費増税を含む社会保障と税の一体改革関連法案が衆院通過したことを受け、野田佳彦首相は27日午後、国会内で開かれる民主党の参院議員総会に出席し、7月に始まる見通しの参院審議に向け協力を呼び掛ける。首相は、9月8日までの今国会での法案成立に全力を挙げる。

 民主党は衆院での関連法案採決で、小沢一郎元代表ら57人が反対票を投じるなど大量の造反者を出し、分裂状態に陥った。小沢氏は離党を示唆、新党結成も視野に入れており、同氏を支持する参院議員の中には同調する動きもある。

 同党は午後に臨時の常任幹事会を開き、小沢氏ら造反者への対応を協議する。輿石東幹事長は党分裂を決定付けるような処分には慎重とされるが、自民党は、甘い処分で済ませれば参院での法案審議に協力しない構えを示しており、首相や民主党執行部は難しい判断を迫られている。 

by momotaro-sakura | 2012-06-27 08:28