連合会長、民主との協力見直しも 自民党本部で講演

連合会長、民主との協力見直しも 自民党本部で講演
 連合の古賀伸明会長は28日午前、自民党本部の会合で講演し「政党そのものが流動化することもありうる。今は民主党の応援団だが、どういうスタンスで応援していくか議論しないといけない時期も来る」と述べ、将来の政界再編を念頭に民主党との協力関係見直しの可能性に言及した。

 社会保障と税の一体改革関連法案の衆院採決をめぐって事実上の分裂状態に陥った民主党に対し、連合は批判を強めている。自民党との接触を図ることで、民主党に早期の混乱収拾を促した形だ。一方の自民党は、民主党最大の支持組織に接近し揺さぶる思惑がある。

 自民党の「国土強靱
きょうじん
化総合調査会」(二階俊博会長)の招きで講演した。連合のトップが自民党本部で講演したことについて、党関係者は「初めてではないか」としている。

 出席議員からは「自民党に対する壁を取り払い、窓口を広げてほしい」と選挙協力の検討を要請する声も出た。古賀氏は「政策面では徹底的に協議していきたい」としながらも「政党政治をやっている以上、特定政党を主軸にした選挙活動をするのは仕方ない」と述べるにとどめた。
中国新聞
by momotaro-sakura | 2012-06-28 15:12