10都県で過去11年の最大値=ストロンチウム90の降下量―測定結果公表・文科省

10都県で過去11年の最大値=ストロンチウム90の降下量―測定結果公表・文科省
2012年7月24日 16時50分 時事通信社

 文部科学省は24日、東京電力福島第1原発事故で放出されたとみられる放射性ストロンチウム90が、大気中から地上に降った量(降下量)の都道府県別測定結果を公表した。津波や事故の影響で測定できない宮城、福島両県を除くと、茨城県など10都県で、事故前11年間の最大値を上回る値を記録最も多かったのは昨年3月の茨城県で、1平方キロ当たり600万ベクレルだった。
 文科省によると、測定は直径2メートルの水盤を1カ月間屋外に置き、たまったちりなどを採取して放射性物質の量を調べた。
 2000年以降、事故前までの最大値は06年2月に北海道で測定された同30万ベクレルで、1960年代の大気圏内核実験の影響。事故後は、茨城のほか、岩手、秋田、山形、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の各都県でこの値を超えた。原発事故の影響とみられる。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




茨城県でこれだけ(600万ベクレル)あったら福島・宮城ニ県は放射能の影響がもっと多大であることが判る。これだけでも放射能は低く安全というが、年寄りや幼児等はこの地域の農水産物は食べられないね?!
by momotaro-sakura | 2012-07-25 11:00