米Microsoftは1日(米国時間)、最新クライアントOSのWindows 8

米Microsoftは1日(米国時間)、最新クライアントOSのWindows 8と、最新サーバーOSであるWindows Server 2012のRTM(製造工程向けリリース)を発表した。OEMパートナー向けの提供が開始される。

 Windows 8の一般向け発売日は10月26日だが、それに先立ち、MSDNおよびTechNetの会員向けには8月15日より提供を開始。また、ソフトウェアアシュアランス(SA:保守契約に相当)を契約しているボリュームライセンスユーザーは、8月16日よりWindows 8 Enterpriseを利用できるようになる。

 なお米国では、Windows XP/Vista/7の既存ユーザー向けには、利用しているエディションにかかわらず、39.99ドルでWindows 8 Proにアップグレードできるキャンペーンがすでに発表されている。また国内においても、6月2日から2013年1月31日までにWindows 7搭載PCもしくはDSP版Windows 7を新規購入したユーザーに対して、「Windows 8 Pro アップグレード版」のダウンロード製品を1200円の優待価格で提供する。

 一方のWindows Server 2012については、9月4日より順次、複数のチャネルを通じて提供される予定である。

by momotaro-sakura | 2012-08-02 12:02 | ブログ