津島恵子さん86歳=女優 代表作「ひめゆりの塔」

津島恵子さん86歳=女優 代表作「ひめゆりの塔」

毎日新聞 8月3日(金)20時49分配信


女優の津島恵子さん


 映画「ひめゆりの塔」「七人の侍」などで知られる女優の津島恵子(つしま・けいこ、本名・森直子=もり・なおこ)さんが、1日午前10時20分、胃がんのため東京都中央区の病院で死去した。86歳。葬儀は近親者で行った。喪主は夫森伊千雄(もり・いちお)さん。

 長崎県生まれ。松竹大船撮影所に舞踊教師として通っている時にスカウトされ、1947年「安城家の舞踏会」(吉村公三郎監督)でデビュー。清楚(せいそ)な娘役が評判となった。その後、美空ひばり主演の「悲しき口笛」、小津安二郎監督の「お茶漬の味」などに出演。清純派のイメージで人気女優の座をつかんだ。

 53年の「ひめゆりの塔」(今井正監督)では、第二次世界大戦末期の沖縄戦で「ひめゆり学徒隊」を率いた女性教師を演じて新境地を開拓し、映画も大ヒットした。「七人の侍」(黒澤明監督)では、男装する村娘の志乃を演じた。54年には吉村公三郎監督の「足摺岬」で貧しさに耐えてけなげに生きる娘を好演。57年に結婚後は映画から遠ざかったが、時折、上品な母親役などで映画やテレビドラマに出演していた
。【鈴木隆】
by momotaro-sakura | 2012-08-04 14:43