自民が不信任、問責の提出検討 解散言及なしに反発


自民が不信任、問責の提出検討 解散言及なしに反発

2012年8月4日 20時12分 共同ニュース

 自民党は4日、野田佳彦首相が消費税増税法案成立後の衆院解散・総選挙を確約しないことに反発し、内閣不信任決議案と首相問責決議案を7日にも同時提出する方向で検討に入った。執行部では「3党合意破棄論」も強まっており、週明けからは解散を視野に入れた攻防が激しさを増しそうだ。自民党は当初、消費税増税に賛成する立場から参院で早期に法案を成立させた上で、解散に追い込む方針だった。

by momotaro-sakura | 2012-08-05 09:15